鬱から回復!デパスの効能と薬に頼らない民間療法比較

鬱から回復!デパスの効能と薬に頼らない民間療法比較

「毎日理由もないのに、とにかく落ち込んでいる」「不安や焦燥感に駆られえ、外出できない」など、精神的な不安を抱え悩んでいる人はたくさんいます。自力で何とかしようとする人もいれば、精神科を受診して薬の力を借りて症状を改善していく人もいるでしょう。

最近精神科を受診した人が多く処方されているのが「デパス」という薬です。デパスにはいったいどのような効果があるのでしょうか?

薬に頼らない民間療法と比べて、その効果はどうなのでしょうか?

今回は「鬱から回復!デパスの効能と薬に頼らない民間療法比較」と題して、ご紹介していきます。

 

鬱から回復!
デパスの効能と薬に頼らない民間療法比較

 

デパスとはどんな薬なのか詳しく知っておこう

「デパス」という名前の薬の存在を知っている方は、決して多くはないでしょう。そこで、はじめにこの薬について詳しくご説明いたします。

デパスは不安定な精神を改善する薬の1つです。具体的に言いますと、過度の緊張や不安、無気力、うつ状態などの精神的な症状を緩和するために処方されています。

自律神経失調症・強迫神経症・心身症・対人恐怖症などの神経系の病気に効果があるのはもちろんのこと筋肉の緊張を和らげる効果も注目されています。他にも、手術前の患者さんが不安を感じた時などに緊張を緩和させる医薬品として使われることもあるようです。

 

デパスの副作用は使用前にチェックしよう

薬を服用する時には、誰しも副作用を引き起こす可能性があることを頭の中に留めておかなければいけません。

まず注意すべきは、デパスを服用して、身体中に発疹が出たり、ミミズ腫れのような蕁麻疹が出た場合です。これは身体がアレルギー反応を起こしている証拠ですから、すぐに病院に行くようにしてください。

また副作用に関しては個人差がありますので一概には言えませんが、可能性のある症状をまとめてみました。

めまい・頭痛・痙攣・動悸・吐き気・胃のムカつき・異常な喉の渇き・呼吸がしづらいなど、身体に不調を感じたらすぐに病院を受診することをオススメします。

 

デパスの正しい使い方を熟知しておこう

デパスは医薬品なので、正しい容量用法で使用しなければいけません。服用のポイントは5つあります。

1、医師の指示に従いましょう。基本的にデパスは食後の服用が原則ですが、量・回数・服用期間などは個人で違いが出てきます。自己判断しないようにしましょう。
2、もし生まれ持った病気やアレルギーがある場合は、デパスの服用前に医師に伝えましょう
3、長期間の服用は薬物依存を招く可能性もあります。
4、妊娠中・授乳中の女性は服用出来ません。
5、デパスを服用して1度でも具合が悪くなったことがある方は、服用出来ません。以上のポイントを、きちんと確認しておきましょう。

 

デパスと民間療法の比較①心を許せる人に話を聞いてもらう編

言いようのない不安に押しつぶされそうになった時に、デパスを服用すると根本的な解決はしていなくても一時的に気分が軽くなるでしょう。

しかしながら薬の効き目が切れると、また元の状態に戻ってしまう可能性が高くなります。

一方で、医薬品を使用せずに「心を許せる人に話を聞いてもらう」という民間療法を試した場合はどうでしょうか。薬と比較して即効性はないものの、じっくりと話を聞いてもらうことで他人を信用する気持ちが生まれて、精神の安定へと繋がっていくことでしょう。

 

デパスと民間療法の比較②睡眠の質を高める編

精神的に不安定な状態が続くと、なかなか寝付けなくなる方も多いでしょう。

そんな時にデパスの服用と薬に頼らない民間療法はどちらが「不眠」に効果的なのでしょうか?

例えば薬に頼らないで不眠を改善するためには、寝る前にホットミルクを飲む・寝る3時間前までに夕食を済ます・ヒーリングの音楽を聴くなど様々な方法があります。

しかしながら精神的な不安要素が大きい方は、民間療法を試してもあまり効果がない傾向があります。

自立神経失調症や心身症などの場合は、デパスという医薬品の力で質の良い睡眠への導入を手助けしてあげた方がスムーズな睡眠となるでしょう。

 

デパスと民間療法の比較③散歩をして気分をリフレッッシュする編

気分が晴れない時は、散歩をしてリフレッシュをすると良く聞きます。

確かに心身共に健康的な方にとっては、効果の高い方法かもしれませんが、精神的に不安定な人の中には散歩に行くのも不可能なケースも多く見受けられます。

外に出るのが恐い・外出も出来ない自分に嫌気がさすなど、散歩が心の負担になってしまうケースも無きにしも非ずです。

ですから心に大きな不安を抱えている場合は、薬を有効的に取り入れて精神を落ち着かせた上で、散歩に出かけるというのはいかがでしょうか。薬に頼るのは決して悪いことではないので、医師の判断のもと効率的に服用していきましょう。

 

最後に…デパスと民間療法ではどちらが鬱に効果的なのか考えてみよう

ここまでデパスの効能や、民間療法についてお話してきました。

精神的なトラブルを抱えている人の中には、意地でも薬を使いたくないという方がいらっしゃいますが、決して薬の服用が悪いわけではないことをご理解頂けたのではないでしょうか。

病状は人それぞれなので、デパスの方が良いとか民間療法だけ試すべきだとは一概には言えません。

自分に合った治療法をじっくり考えながら、病気と向き合っていくことが大切です。自分には、デパスと民間療法のどちらが合っているのか考えてみましょう。

 

いかがでしたか。

以上「鬱から回復!デパスの効能と薬に頼らない民間療法比較」と題してご紹介いたしました。鬱状態から回復するのには、時間と気力を費やします。

精神的な病気に良く使われる「デパス」という薬の効能を十分に理解した上で、民間療法と組み合わせながら治療を進めて行きましょう。

あらかじめお伝えしておきますが、デパスを服用したからと言って、次の日に鬱状態が治るわけがありません。

時間は有しますが、鬱から回復したいという気持ちを持ってアクションを起こすことが大切なので、じっくりと治すことに集中していきましょう。

今回の記事が、皆さんの参考になりますように。

 

まとめ

鬱から回復!デパスの効能と薬に頼らない民間療法比較

・デパスとはどんな薬なのか詳しく知っておこう
・デパスの副作用は使用前にチェックしよう
・デパスの正しい使い方を熟知しておこう
・デパスと民間療法の比較①心を許せる人に話を聞いてもらう編
・デパスと民間療法の比較②睡眠の質を高める編
・デパスと民間療法の比較③散歩をして気分をリフレッッシュする編
・最後に…デパスと民間療法ではどちらが鬱に効果的なのか考えてみよう


連記事