【症状別】栄養ドリンクの効果を比較したお勧め7選

【症状別】栄養ドリンクの効果を比較したお勧め7選 日ごろ私たちがお世話になっている栄養ドリンク。ドラッグストアやコンビニなどでも、本当に沢山の種類の栄養ドリンクが並んでいます。 価格も書かれている成分もそれぞれで、百円程度で買えるドリンクもあれば、千円以上するドリンクもあります。

千円以上するような高い栄養ドリンクを飲めば、それなりの成分も含まれているでしょうが、だからと言って毎日毎日そんな高価な栄養ドリンクを飲むわけにもいかない。

そもそも、私たちが栄養ドリンクを飲もうと思うきっかけや症状も様々なのですから、その症状や悩みにあった栄養ドリンクを選ぶ必要がありますよね。

ここでは、そんな栄養ドリンクを買う際に、自分の症状や悩み、状態に合った物を選べるように、7つのお勧めの栄養ドリンクの特徴をご紹介します。

表記している成分は、効果のある主な成分のみです。また、特に特徴のある成分以外の成分量は、効果を分かりやすくするために、表記してありません。

 

【症状別】栄養ドリンクの効果を比較した
お勧め7選!!

 

昔ながらのオロナミンC

キーワード:毎日飲める。美肌目的。タバコを吸う方。100円前後。 主な成分:ビタミンB2・ビタミンB6・ナイアシン・ビタミンC

毎日飲み続けるのなら、栄養ドリンクの代名詞とも言える、オロナミンCがお勧めです。成分はビタミンが主で、カフェインやタウリンが含まれていない上、水溶性のビタミンが殆どですから過剰な分は排出されてしまいます。

そのため、毎日飲み続けても安心ですし、栄養ドリンクを飲み続けることによる効果の薄れを感じることはありません。

おじさんの飲み物的なイメージのオロナミンCですが、含まれている成分は、まさに美肌系ビタミンばかりです。女性にも、サプリメント代わりにおすすめ出来る栄養ドリンクです。

 

ファイト一発!リポビタンDW

キーワード:カフェインが豊富。疲労回復。安価。200円以下。 主な成分:タウリン2000mg・イノシトール50mg・ニコチン酸アミド・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・無水カフェイン

タウリン2000mgが、疲労回復に効きます。タウリンは、肝臓の働きを良くして、解毒効果を高める効果があります。より安価なリポビタンDはタウリンが1000mgですが、25円程度高いだけのリポビタンDWにはその2倍のタウリンが含まれています。 カフェインが入っているので、服用量を守らないと、疲れが翌日にも残ってしまいますので注意してください。

 

元気の源アリナミンV

キーワード:神経の疲れ。極度の疲れ。300円前後。 主な成分:ビタミンB1誘導体・ビタミンB2・ビタミンB6・ニコチン酸アミド・L-アスパラギン酸ナトリウム・無水カフェイン

錠剤で有名なアリナミンシリーズですが、継続的な疲れには錠剤を毎日服用し、ここぞという時にドリンクを飲むことをお勧めします。タウリンは入っていませんが、アミノ酸であるL-アスパラギン酸ナトリウムが肝臓の働きを良くし、疲れや美肌に効きます。

カフェインが入っているので、服用量を守らないと、疲れが翌日にも残ってしまいますので注意してください。

 

疲れた体にチョコラBBドリンクⅡ

キーワード:ニキビ。肌荒れ。口内炎。300円強。 主な成分:ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ニコチン酸アミド・ビオチン・ヨクイニンエキス・グルクロノラクトン

言わずと知れた肌荒れ用サプリメントの代名詞、チョコラBBのドリンクです。肉体疲労に効くのはもちろんのこと、美肌に効くビオチンとヨクイニネキスが含まれています。

継続的に肌荒れ対策をしたい方には錠剤をお勧めしますが、とにかく早く肌荒れを治したいときには、ドリンクを飲む事をお勧めします。

 

漲るパワーユンケルスター

キーワード:最高級栄養ドリンク。どうにもならない疲れ。4000円強。 主な成分:18種類の植物性生薬・2種類の動物性生薬・タウリン・ビタミンB6・ビタミンE酢酸エステル・ニコチン酸アミド

疲れに効くと言われる生薬、精力増強に効くと言われる生薬を、全て配合したスペシャル栄養ドリンクです。これだけの成分が入っていれば、効かないわけがありせん。

千円台の栄養ドリンクは数種類ありますが、4000円を超える栄養ドリンクはこれだけです。これほどの価格にも関わらず、かなり売れているそうです。

 

肝臓に効くグロンサンR ゴールド内服液

キーワード:肝臓。飲み過ぎ。疲れとだるさ。250円前後。 主な成分:グルクロノラクトン・ビタミンB硝酸塩・ビタミンBリン酸エステル・ニコチン酸アミド・ジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン・無水カフェイン・リュウガンニクエキス

肝臓の働きを良くする作用を持つ成分を2種類含んでいるのが特徴です。肝臓の解毒作用を高めますので、お酒の飲み過ぎの方にはおすすめの栄養ドリンクです。 カフェインが入っているので、服用量を守らないと、疲れが翌日にも残ってしまいますので注意してください。

 

24時間戦えるリゲインZERO

キーワード:糖質ゼロ、カロリー1本3.5kcal。300円前後。 主な成分:ビタミンB1誘導体・ビタミンB2・ビタミンB6・ニコチン酸アミド・カルニチン塩化物・リバオール・L-アルギニン塩酸塩・クコシエキス・ショウキョウエキス・無水カフェイン

カロリーは控えても、リゲインのオリジナル成分のリバオールなどは豊富に含まれています。カロリーや糖質の摂取の心配がないうえ、リバオールは脂肪の抑制作用もあるので、メタボリックの気になる方にはお勧めの栄養ドリンクです。

 

いかがでしたか。

栄養ドリンクは、いくつかのシリーズで展開されていますが、同じシリーズでも10種類近く展開されているシリーズもあり、何を基準に選んだらいいのか分からなくなってしまいますよね。

どの栄養ドリンクを見ても、効能に書かれているのは、疲労回復や滋養強壮、病中病後の体力低下時の栄養補給などです。それでも、含まれている成分を見ると、それぞれに特徴的なものが配合されています。

ここに挙げた7つの代表的な栄養ドリンクを参考にして、自分の症状や目的に合わせて、上手に栄養ドリンクを活用出来るといいですね。

 

まとめ

【症状別】栄養ドリンクの効果を比較したお勧め7選
・昔ながらのオロナミンC
・ファイト一発!リポビタンDW
・元気の源アリナミンV
・疲れた体にチョコラBBドリンクⅡ
・漲るパワーユンケルスター
・肝臓に効くグロンサンR
・ゴールド内服液 24時間戦えるリゲインZERO


連記事