タイガーバームの効能が家庭でよくある怪我に効く7つの理由

タイガーバームの効能が家庭でよくある怪我に効く7つの理由
中国で開発されたタイガーバームは、古くから多くの国で愛用されている独特の香りをもった塗り薬ですよね。日本国内で販売されているタイガーバームは効き目を日本人の肌に合わせた特別処方の医薬品となっています。

もともとタイガーバームには赤と白の2種類があり、効能は同じですが香りと温感が異なり、日本では赤のタイガーバームは販売されていませんが、シンガポールのお土産では人気の商品です。

主な成分はカンフル、メントール、ユーカリオイルで、これらの有効成分が皮膚から浸透し血行を促進させることで様々な効果があります。

さて、このどこの家庭にも1つはあるタイガーバームは、何にでも効く万能薬とも言われていますが、実際にどのような効能があるのか知られていなかったりしますよね。

そこで今日はこのタイガーバームの効能はどのような症状に効果があるのかについてお伝えします。ではご覧ください。

肩こりに効く

肩こりの原因は様々ですが、主な原因のひとつに慢性的な筋肉疲労に夜血行障害があげられます。タイガーバームに含まれるカンフルには、血行の改善や鎮痛などの効能があるため、筋肉疲労や血行不良が原因の肩こりに効果を発揮します。

またミントやユーカリの天然成分が浸透することにより、血液の循環が促され、筋肉の緊張や痛みを和らげてくれます。

天然成分で作られていますので、湿布薬に比べかぶれにくく、塗った箇所の爽快感とすっきりとした香りでリフレッシュすることが出来ます。

 

虫さされに効く

タイガーバームに含まれるカンフルとメントール、ユーカリオイルには、皮膚に清涼感を与え、かゆみを鎮める作用があります。

虫さされに塗り込むことでスーッとした清涼感とともにこれらの成分が染み込み、素早くかゆみを鎮めます。特に赤みを伴うかゆみやしつこいかゆみに、繰り返し塗り込むことで効果が得られます。

またユーカリオイルには虫除けの効能もあり、天然成分ですのでお子様にも安心して使うことが出来ます。有害性が心配される市販の虫除け剤を使いたくないという人には、タイガーバームはおすすめです。

 

やけどに効く

やけどの応急処置としては、まず水などで冷やすことが大切ですが、その後の処置に軽いやけどならタイガーバームが有効です。

タイガーバームの効能には抗炎症作用があり、水ぶくれになりにくく素早くやけどを治すことが出来ます。

また、やけどの痛みは表面の乾燥を防ぐことで和らぎますので、タイガーバームを塗ることで空気に触れないため痛みが少し和らぐと言われています。

タイガーバームの効果があるのは、あくまでも軽度のやけどです。見た目は軽いやけどに見えても、実は重度のやけどの場合がありますので、痛みがなかなか引かない場合は医師の診察を受けるようにしましょう。

 

筋肉痛に効く

筋肉痛は筋肉の損傷と炎症によって引き起こされます。タイガーバームはこの痛みをすぐに和らげることが出来ます。

主成分のカンフルには冷たいと感じる神経を刺激する冷却刺激作用があり、このことにより軽い炎症を起こし反射的に血管を拡張させ血行をよくすることが出来ます。

タイガーバームをマッサージするように良くすり込むと有効成分が浸透しやすくなり、いっそう効果的です。痛みがひどい時はお風呂で体を温めてから、タイガーバームを塗ってマッサージすると寄り効果的です。

 

鼻詰まりに効く

風邪や花粉症などで鼻が詰まってしまうと、苦しくて熟睡できない人も多くいると思います。そんな時にはタイガーバームを胸や首、鼻の下に塗って寝ると良いでしょう。

タイガーバームの成分であるメントールには鎮静効果があり、芳香と清涼感が鼻をスーッと通してくれます。このとき、直接鼻の中に直接塗ることは避けましょう。

鼻中は粘膜ですので刺激に弱くなっています。また顔の皮膚は他の場所に比べ薄くデリケートですので、かぶれが気になる人は顔には塗らず、胸や首に塗るようにしましょう。

 

咳の症状の緩和

止めたくても出てしまう咳には、タイガーバームが有効と言われています。タイガーバームに含まれるユーカリオイルには気管支炎や風邪の症状を緩和する効能があります。

咳が出て辛い時にはタイガーバームを胸から喉にかけて塗ると、ユーカリオイルの揮発蒸気を吸い込み、咳や気管支炎の症状が和らぎます。

これはあくまでも症状の緩和ですので、症状が改善されない場合や治療が必要な場合は医療機関での診察を受けるようにしましょう。

 

軽い頭痛に効く

頭痛の原因は様々ですが、ストレスや疲労により首から肩にかけて筋肉が緊張した状態が続き、滅流が悪くなることで引き起こされる頭痛のことを緊張型頭痛と言います。

この頭痛は血流を促進することで、症状がある程度治まりので、タイガーバームを首や肩、こめかみに塗り込むと症状を緩和することが出来ます。

またメントールのスーッとした清涼感のある香りが、ストレスの解消にもなります。タイガーバームは症状を緩和するものですので、根本から頭痛を治すことは出来ません。

また頭痛は他の重篤な病気が原因のこともありますので、心配な時は医師の診察を受けることが大切です。

 

このようにタイガーバームの効能はこの他にもたくさんあり、マッサージクリームの代わりに使う人も多いそうです。

タイガーバームは軟膏タイプですので、伸びがよくサラッとした使用感ですので、塗る場所を選ばず使えますが、かなりきつい香りがありますので、外出前は控えた方が良いかもしれません。

また、タイガーバームの効き目と安全性は確かなものですが、まれに皮膚が赤くなったり、多少の刺激を感じることがありますよね。

これは有効成分の刺激作用によるものですが、肌が弱い人は発疹や発赤が出ることがあります。この場合は直ちにしようを止めるようにしましょう。また目の周りや粘膜には使用してはいけない等、用法、用量は正しく守って使いましょう。

まとめ

タイガーバームの効果効能

・肩こりに効く
・虫さされに効く
・やけどに効く
・筋肉痛に効く
・鼻詰まりに効く
・咳の症状の緩和
・軽い頭痛にに効く


連記事