にんにくの効能を損なわず、臭いも気にならない食べ方とは

にんにくの効能を損なわず、臭いも気にならない食べ方とは

にんにくの効能を損なわないで、臭いも気にせず食べたいと思う人は多いかもしれません。にんにくには、それだけ人を元気にする成分が含まれています。でも、やはりにんにくというと臭くなるというイメージが強いのです。では、臭いも気にならない食べ方にはどんな食べ方があるのでしょうか?

にんにくは臭いが気になる一方で栄養満点、特に疲労回復にはベスト1とも言える有効食材です。芸能人やスポーツ選手の間では「にんにく注射」が注目されるほど、その食材は日々の生活に力を与えてくれるのも事実。日々の暮らしに取り入れない手はありませんね。

そこでは今回は、多くの人々が気がかりになっている、にんにくの臭いに着目して、思う存分食べられるような食べ方をご紹介していきます。

 

にんにくの効能を損なわず、
臭いも気にならない食べ方とは

 

にんにく料理と一緒にお茶や牛乳を飲む

せっかくにんにく料理で元気一杯になろうとしているのに、臭いが気になるから食べるのをやめておこうと思う人はたくさんいます。にんにくの効能を損なわないで、臭いを気にせずに食べるにはにんにく料理を食べる時に牛乳を飲んだり、緑茶を一緒に飲むと消臭効果がありにんにく臭くなくなると言われています。

牛乳のたんぱく質の成分が、にんにくのアリシンの臭いを抑制してくれる働きをするのです。メニューによって、牛乳かお茶を選ぶと良いですがやはり基本は緑茶のほうが、にんにく料理にはあうでしょう。

臭いを気にならないようにするためには、にんにく料理と同時摂取が一番効果的です。つまり食べながら飲むということですね。胃の中に入ると同時に臭いが広がっていくので、最後に牛乳や緑茶を飲むのでは効果が半減してしまうので気をつけましょう。

 

オリーブオイルでしっかりと煮る

にんにくの効能を損なわず、臭いを気にせず食べるためにはオリーブオイルを使用し低温でしっかりと煮る調理法が良いです。たっぷりのオリーブオイルで丸ごとにんにくを入れ、低温から時間をかけて煮ることで臭いが広がらなくなります。

この時使ったオリーブオイルは、ガーリックオリーブオイルになるので別容器に保存して風味付けとして再利用できるので一石二鳥です。

この調理法でもポイントは低温から煮るということです。よく熱された油ににんにくを投入すると、あっという間ににんにくが調理されてしまいます。時間をかけてジワジワと煮ることによって臭いの広がりが抑えられるのです。

 

電子レンジ加熱で臭いを抑える

にんにくの効能を損なわず、臭いを抑えて調理するには電子レンジでいったん加熱すると良いでしょう。にんにくの下の部分を包丁で切り落とし、ラップをして電子レンジで加熱することによって皮むきもあっという間に出来てしまうので便利です。

電子レンジで加熱したにんにくは、様々な料理に使用できます。にんにく1片に薄切りの豚肉を巻いて調理したり、肉と一緒に煮込んだり、にんにく丸ごと調理したりとその調理法もたくさんありますがどの料理も先に電子レンジで加熱したおかげで、にんにくの臭いを気にせずに食べることが出来るのです。

 

水の中でスライスする

にんにくの効能を損なわず、臭いを抑える方法としてはスライスする時に水の中でスライスすることによって臭いの広がりを抑えることができます。にんにくの臭いが広がるのは、空気に含まれている酸素に触れることでにんにくの成分が発揮するからなのです。スライスする時点で水の中で行えば、臭いの広がりを防げるのです。

 

防臭作用の働くものと一緒に調理する

にんにくの効能を損なわず、臭いを抑える方法として調理する際に防臭作用の働くものと一緒に調理すると臭いの広がりを抑えることが出来るので、臭いを気にせずに食べることが出来ます。

防臭作用の働くものとしてにんにく料理に合うものは、レモンやショウガなどです。例えばにんにくショウガ煮込みのような調理方法だと、にんにくの効能を損なわず臭いも抑えられる食べ方となります。

 

牛乳調理するものににんにくを入れる

にんにくの効能を損なわず、臭いを気にしないで食べられるには臭いを抑える働きをする牛乳と調理すると臭いを気にせず食べられます。

例えば、シチューやグラタンやカルボナーラなどいかがでしょうか。にんにくを牛乳でコーティングすることで臭いの広がりを抑えて食べることが可能です。

 

酢漬けにして臭いの広がりを抑える

にんにくの効能を損なわず、保存期間も長くなる便利な方法としてにんにくを酢漬けにする方法があります。にんにくの皮をむいて、縦半分に切り瓶に入れて酢がにんにくにかぶる程度注いで保存します。この時、にんにくは素の1/4の量に抑えます。酢に漬けると空気から遮断されるので、臭いの広がりを抑えられるのです。

 

いかがでしたか。にんにくの効能を損なわず、臭いも気にならない食べ方をご紹介しました。にんにくは加熱時間の違いによって、様々な効能を発揮します。ですが、それと同時にやはりにんにく特有の臭いが気になるところです。

にんにくの効能を考えると毎日でも摂取したいところですが、やはり翌日まで臭うものは避けたいのが本音です。臭いも気にならない食べ方を知ることによって、毎日少量でもにんにくを摂取して健康な体作りに役立てたいものですね。

海外では消臭に有効なクローブを食後に口に含むなど、日本では知られていない習慣もあります。クローブは歯医者さんの消毒薬で使われる成分が入っているため、歯磨き効果がある植物。食後すぐの歯磨きも一助となりますよ。

 

まとめ

にんにくの効能を損なわず、臭いも気にならない食べ方とは

・にんにく料理と一緒にお茶や牛乳を飲む
・オリーブオイルでしっかりと煮る
・電子レンジ加熱で臭いを抑える
・水の中でスライスする
・防臭作用の働くものと一緒に調理する
・牛乳調理するものににんにくを入れる
・酢漬けにして臭いの広がりを抑える


連記事