美肌の秘訣は「丁寧さ」。お金をかけずにキレイになる方法

美肌の秘訣は「丁寧さ」。お金をかけずにキレイになる方法

美肌の秘訣は、肌のお手入れをいかに丁寧に行うかがポイントとなります。エステや美容外科に通ったり、高級なスキンケア用品を使わないと美肌は保てないと思っている人も多いかもしれません。

洗顔フォームや化粧水、乳液などの基本的なスキンケアグッズがあれば、誰でも美肌を手に入れることが出来るのです。重要なのは、面倒くさいことでも、しっかり、丁寧にスキンケア行うという事です。

それでは、どのような事が美肌を保つために必要なポイントとなるのでしょうか。誰でもすぐに実践出来る、お金がかからない美肌の秘訣となる方法を7つご紹介します。共通するのは、「丁寧さ」です。時間がないからと手間を省いたり、省略せずにスキンケアをしていきましょう。

 

美肌の秘訣は「丁寧さ」。
お金をかけずにキレイになる方法

 

W洗顔は美肌の基本

美肌の秘訣は、日々化粧をしている人の場合、W洗顔をするということが基本です。確かに最近では、忙しい女性のためにクレンジングと洗顔が同時にできる洗顔フォームも登場していますね。

でも、クレンジングはお肌から化粧を浮き上がらせて落とすためのもの。一方で洗顔は、クレンジングフォームによって浮き上がった化粧を洗い流す役目をします。どちらか一方しかしないと、化粧は十分に落とすことができずにニキビの原因にもなるのです。

 

クレンジングは力まずに行おう

ファンデーションやマスカラをしっかりつけている人の場合、しっかり化粧を落とそうとして肌をゴシゴシとクレンジングしてしまう事がありますが、あまり肌に刺激を与えてしまうと、肌にダメージを与えてしまいます。

クレンジングの際には、手を押し付けて化粧を落とすのではなく、泡、オイルなどクレンジング用品の種類にかぎらず、肌の上を滑らすように化粧を浮き上がらせていくことです。優しくすることが美肌の秘訣です。

 

洗顔フォームは丁寧に泡立てよう

クレンジングの後に使う洗顔フォームは、良く泡立ててから肌に載せていきましょう。美肌を保つためには、洗顔はあくまで肌の表面に乗っている汚れを落とすということに意識をする必要があります。

そのためには、手で肌を刺激しないように、手が触れないくらいまでの泡を肌にのせていくようにして洗顔をすることが美肌の秘訣となります。泡立てネットなどを利用してホイップのように丁寧に泡立てるのことをおすすめします。

 

洗顔のゆすぎは30回が目安

洗顔のゆすぎは、30回を目安に行うのが美肌を保つための秘訣です。実際に30回顔をゆすいでみると、とても長く、20回を過ぎた当たりからほとんど意味がないように感じるかもしれませんが、顔をゆすぐときもポイントとなるのは、手で肌を刺激しないということです。

そのためには、水はパシャパシャと顔に当てる程度に留める必要がありますが、洗顔フォームの洗い残しはニキビの原因になりますから、丁寧に、30回を目安にしましょう。

 

化粧水と乳液にはコットンを使おう

化粧水と乳液を手にとってそのまま肌に塗っている人も多いと思います。しかし、化粧水と乳液は、コットンにとって肌に優しくのせていくのが美肌を保つ秘訣です。手に直接化粧水や乳液を取ると、肌と肌の表面が反発しあって、肌の中に化粧水や乳液が浸透していきにくくなるのです。

かといって、強く叩いたりするのは、よくありませんから、コットンにのせて優しく丁寧に肌に浸透させていくようにしましょう。

 

化粧水は何回かに分けてつけよう

化粧水を一度にコットンに多めにとって、肌に擦るようにつけてしまっている人は、化粧水を肌に塗る回数を分けることに意識してみましょう。一度に肌につけようとすると、どうしても、ムラができます。

化粧水が十分に行き渡らなかった肌の部分は保湿が足りずに乾燥してしまう恐れがありますので、両頬、おでこなど3回程度に分けて、丁寧にコットンで化粧水をつけてあげることが美肌の秘訣なのです。

 

洗顔後30秒以内に化粧水をつけよう

洗顔後30秒以内に化粧水をつけることは美肌の秘訣として重要なポイントです。洗顔後は、お肌の汚れが落ちている状態ですが、同時に油分も落ちていて肌がむき出しの状態になっているのです。

この状態が続くと、肌自身が保湿使用として、脂をだし、これが出来物の原因となるのです。ニキビや出来物がない美肌の秘訣は、洗顔後やお風呂あがりには、30秒以内に化粧水をつけて保湿してあげるように心がけることなのです。

 

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介した、美肌を保つ秘訣は、どれもお金がかからないですし、難しいことではありませんので、すぐにでも実践出来ることがと思います。

しかし、共通しているのは、どれも丁寧に行う必要があるということです。忙しい朝や、疲れきって帰宅した後の夜のスキンケアは丁寧にすることが意外と難しいでしょう。

しかし、面倒臭がらずに、丁寧に優しくお肌をケアしてあげることが美肌の目指す第一歩になりますから、まずは日々の生活で時間に余裕を持つようにしましょう。おススメはバスタイムを使ったスキンケアです。

温かい湯気はスチーム代わりにもなり、毛穴の奥までメイク落としやクレンジングが可能です。疲れた一日のリラックスにもなりますね。

 

まとめ

美肌の秘訣は「丁寧さ」。お金をかけずにキレイになる方法

・W洗顔は美肌の基本
・クレンジングは力まずに行おう
・洗顔フォームは丁寧に泡立てよう
・洗顔のゆすぎは30回が目安
・化粧水と乳液にはコットンを使おう
・化粧水は何回かに分けてつけよう
・洗顔後30秒以内に化粧水をつけよう


連記事