ナスに栄養は無いとは言わせない!体に嬉しいその効能とは

ナスに栄養は無いとは言わせない!体に嬉しいその効能とは

ナスは栄養がないから食べても体には何の得にもならないと思われがちです。確かに、ナスには水分がほとんど含まれておらず、ビタミンやミネラルなどの主な栄養素は含まれていません。

しかも、サラダ油で焼こうとするとすぐにナスが油を吸ってしまうのでいつもより多めの油を使うことになって、ナス自体はカロリーが低くても結果的に茄子料理は高カロリーになりがちだと感じている人が多いのではないでしょうか。

しかし、そんな栄養素がまったくないと思われがちなナスにも体に嬉しい効能はたくさんあるのです。その秘密は、ずばり、ナスの紫の革に隠されています。ナスの皮が苦手で食べる時に皮を剥いていた人は、ぜひ、皮ごと食べてみましょう。ナスの栄養が体に及ぼす効果をご紹介します。

 

ナスに栄養は無いとは言わせない!
体に嬉しいその効能とは

 

ガンの予防になる

ナスの栄養として、その紫色の皮に多く含まれているものはポリフェノールです。ポリフェノールは、赤ワインやぶどうに含まれていますから、ナスの皮に含まれているというのも納得です。

このポリフェノールには、強い抗酸化作用があり、ガンの予防に効果があるのです。自分の血縁関係の親戚にガンが多いという人は日頃から積極的にナスを食べておきましょう。

 

コレステロールの吸収を抑える

ナスに含まれる栄養は少ないですが、コレステロールが体に吸収されるのを抑えるという、ダイエット中やコレステロール値が高い人には嬉しい効果があります。この作用もポリフェノールによる効果の一つで、ナスに含まれるナスニンと呼ばれる成分がそれに当たります。

また、ナスは吸収力が強いので、他の野菜と一緒に炒めるなど料理をすることで、他の食材の栄養素をキャッチして逃さず食べることが出来るのです。

 

肌の老化を防ぐ

ナスの栄養である、ナスの皮に含まれるナスニンには、抗酸化作用があるため、肌の老化を防ぐことができます。具体的には、シミ・そばかすの予防や、シワなどの肌の老化を防ぐという作用です。

日中、長時間にわたって屋外にいた日などは、紫外線を多く浴びます。この紫外線から肌を守るために発生するメラニンがシミの原因になるのですが、ポリフェノールはメラニンが増加する原因の活性酸素の作用を抑える作用があるのです。

 

体ののぼせをとって体をクールダウンさせる

ナスには栄養は少ないものの、科学的には証明されていない、体に及ぼす効果もあります。それは、体を冷やすという効果です。東洋医学には、体を冷やす食べ物という考え方が存在し、冷やす食べ物と温める食べ物をバランス良く摂ることが大切だとされています。

ナスは、体を冷やす食べ物に該当します。そのため、夏場に体がのぼせたりほてった時にはナスを食べましょう。普段は、ナス料理に体を温める生姜を入れるなどしましょう。

 

目の疲れをとってくれる

ナスの栄養として、アントシアニンと呼ばれるものがあります。このアントシアニンは、血管の壁を強くする作用があり、強い血管を作ってくれます。そのため、血液の流れが良くなり、眼精疲労の回復に効果があるのです。

パソコンを使って仕事をする人や細かい文字を長時間読んだ時などにはナスを食べるようにしましょう。ちなみにこのアントシアニンは、ナス以外には、ブルーベリーやぶどうにも含まれています。

 

ナスの黒焼きを塗ると口内炎が治る

ナスの栄養を利用した裏技的な口内炎治療の方法があります。それは、ナスの黒焼きを口内炎の患部に擦りつけると口内炎の回復が早くなるというものです。ナスを食べるわけではありませんので、食べごろを過ぎてしまったナスが冷蔵庫にあれば試してみましょう。

方法は、まず、ナスを黒くなるまで焼きます。黒くなったナスをすりつぶして、干します。干したナスの粉末を患部につけましょう。痛いですが効果はあると言われています。

 

動脈硬化や高血圧に抑制力がある

ナスの主な栄養であるポリフェノールには、免疫力強化と抗酸化の作用があり、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を抑制する作用があります。

また、ナスにはカリウムが含まれており、このカリウムは塩分を中和して血圧を安定させ、高血圧を防ぐ作用があるのです。健康診断で高血圧だと診断された人や、普段お肉が中心の食生活で血液がドロドロなっている人にはおすすめの食材です。

 

いかがでしたでしょうか。ナスには栄養が全くないから、食べても意味がないと思っていた人は、ナスが体に及ぼす嬉しい効果の数々に驚いたのではないでしょうか。ナスがサラダ油を吸って、食事が高カロリーになってしまうことを懸念している人は、グリルで焼きナスを作ったり、油をつかわないナスのおひたしなどで食べてみましょう。

ナス自体は炒め物など、さまざまな食材と相性が良い野菜なので、かさ増しにも使える便利食材です。中華風に和風にといろんな顔に変化するので、試してみましょう。欧米化する食生活が中心となっていう日本人にとって、ガンや高血圧、動脈硬化の予防になるナスは、まさに欠かせない食材となるでしょう。

 

まとめ

ナスに栄養は無いとは言わせない!体に嬉しいその効能とは

・ガンの予防になる
・コレステロールの吸収を抑える
・肌の老化を防ぐ
・体ののぼせをとって体をクールダウンさせる
・目の疲れをとってくれる
・ナスの黒焼きを塗ると口内炎が治る
・動脈硬化や高血圧に抑制力がある


連記事