お尻が一回り小さくなる為の筋トレ、お勧め7種目!

お尻が一回り小さくなる為の筋トレ、お勧め7種目!
女性のお尻にお肉が付くのは、女性ホルモンの影響です。女性ホルモンが女性らしい身体を作ろうとするのですから、お尻にふっくらとお肉が付くのは当たり前の事ですよね。

ですが、過度のお尻のお肉は、なんとかしたいと思うのが女心。そのうえ、年齢を重ねたり出産などを経ることで、お尻の形もどんどん変化していきます。重力に逆らえず、お尻の位置も下がってきます。放っておくと、扁平な上に、垂れて横に大きく広がったお尻になってしまう事でしょう。

このお尻の悩みを解決するためには、筋肉を鍛えてお尻の形をキープするしかありません。

そこで今日は、キュッと上がった小尻でタイトスカートやパンツを履きこなせる自分になるために、少しの時間で簡単に出来る筋トレについてお伝えします。ではご覧ください。

 

お尻が一回り小さくなる為の筋トレ、
お勧め7種目!

 

まずは、老廃物の通り道を作りましょう

お尻を小さくするための筋肉トレーニングを始める前に、老廃物が流れやすくするストレッチをしましょう。このストレッチをすることでリンパの流れが良くなり、これから行うトレーニングをより効果的なものにすることが出来ます。

①床に仰向けに寝ます。ひざを曲げて立て、片方の脚をもう片方の膝を立てた脚の腿に乗せます。

②立てた脚の腿の裏に手をかけ、胸に引き付けます。この状態で膝を内側と外側に5回ずつ回します。左右3セット行います。

 

横に垂れないお尻をつくろう

①床に膝立ちした姿勢から始めます。身体のどちらか片方の手と膝だけを床について、横に倒れたような姿勢をとります。

②床についていない方の手は腰にあてます。上半身が前や後ろに反ったり、曲がったりしていない真っ直ぐな状態を保ちながら、床に肘を付いていない方の脚を床と平行になるまで上げます。

③そこから脚につられてお尻が上がらないように気をつけながら、ゆっくりと脚を上げて、10秒キープします。左右1セット行います。

 

横に広がらないお尻をつくろう

骨盤が広がると、横に広がった扁平な形のお尻になってしまいます。このトレーニングをすると、お尻の横の部分にとても効いているのが実感でき、これによって横に広がったお尻が引き締められます。

①四つん這いになって、肩幅と同じ広さに手と脚を広げます。お腹と床が平行になるようにしてください。

②片脚を、お尻と平行になるように、真横に上げて10秒キープします。左右1セット行います。

膝が下がらないように気を付けてください。

 

もも裏とお尻の脂肪を燃焼しよう

①まず、両脚を揃えて立ちます。そこから、どちらか片方の脚を前に出して、前に出した脚のかかとを床に付けます。

②重心を前に出した方の脚にかけ、もう片方の脚を足首を直角にした状態で後ろに上げます。

③後ろに上げた脚のかかとを内側に入れて、10秒~30秒自分に出来るだけの時間その状態をキープします。左右1セット行います。

後ろに上げた方の脚のつま先が下を向いたり、上体が前に傾いてしまわないように気をつけましょう。

 

垂れないお尻をつくろう

この筋トレは、テレビを見ながらゴロゴロしていても出来る簡単なトレーニングです。

毎日テレビを見ながらくつろぐついでに行うだけで、気が付いたらキュッと上がったお尻が手に入れられるかもしれません。

①うつ伏せになって、手はあごの下に置き、脚は肩幅に開きます。

②片脚を上げて20秒キープします。上げられるところまで上げましょう。ひざが曲がらないように気を付けてください。この動作を左右20秒2セット行います。

 

ハイヒールを履きましょう

ハイヒールを履いて、正しい歩き方で歩けば、筋肉が鍛えられて小尻になれます。正しい歩き方のポイントです。

・親指の付け根あたりの部分にだけ体重を乗せて立ちます。そして、みぞおち辺りから前に体重をかけ、親指の付け根辺りと胸が一直線になるように重心を移動します。この状態で歩きだします。

・大切なのは、ヒールはかかとから着地するのではなく、親指の付け根辺りから着地することです。

・脚を後ろに蹴る時に、ひざをしっかり伸ばしてください。お尻がキュッと上がって引き締まるのが分かります。

 

お尻の気になるお洋服をあえて着ましょう

お尻の大きさや形が気になると、どうしてもお尻の隠れるお洋服や、ルーズフィットなお洋服を選んでしまいがちです。ですがそんな方こそ、お尻の形が少々気になるようなお洋服を着るべきなのです。

体型をカバーずる下着も沢山出回っていますから、そういう下着でカバーしつつ、身体の線がある程度気になるお洋服を着てください。

身体の線が気になるお洋服を着ると、お尻の筋肉に力が入っているのが分かると思います。こうして常にお尻の筋肉を緊張させることが、何よりの筋トレになるのです。

 

いかがでしょう、どの筋トレも、一度トレーニングを行えば、スタイルもやり方も覚えてしまえるような簡単なトレーニングですよね。簡単ですから、お風呂上がりのちょっとの時間でもできます。

お家でゴロゴロしているリラックスタイムの間にでも、簡単にできます。気が付いた時にこのお尻を小さく引き締めるトレーニングをしているうちに、キュッと上がった一回り小さくなったお尻が手に入っているかもしれませんね。

格好いいお尻で素敵にお洋服を着こなしている自分をイメージして、今日から早速お尻を小さくするトレーニングを始めてみましょう。

まとめ

お尻が一回り小さくなる筋トレ

・まずは、老廃物の通り道を作りましょう
・横に垂れないお尻をつくろう
・横に広がらないお尻をつくろう
・もも裏とお尻の脂肪を燃焼しよう
・垂れないお尻をつくろう
・ハイヒールを履きましょう
・お尻の気になるお洋服をあえて着ましょう


連記事