大人ニキビを防ぐための化粧水、上手に選ぶ7つのポイント

大人ニキビを防ぐための化粧水、上手に選ぶ7つのポイント

大人ニキビ用の化粧水は若干高めですが、大人ニキビのない美肌のために自分にあった化粧水でしっかり保湿しましょう。

頑固で繰り返しできてしまう大人ニキビ、できるだけ早く治したいですよね。大人ニキビができる原因は、思春期のニキビの原因とは違い、様々な要因があります。

ストレスやホルモンバランスの乱れ、食生活、不規則な生活習慣など大人ニキビができる原因を根本から改善することが大切ですが、やはり基本のスキンケアが重要になります。

大人ニキビを改善するために欠かせないのが保湿です。特に化粧水が大切になります。肌の水分が足りなくなると皮脂ばかり分泌されるようになり、毛穴が詰まってニキビができたり、肌バリアが低下し毛穴が炎症を起こしてしまいます。

化粧水でしっかり保湿するだけ、大人ニキビは改善されやすくなります。

大人ニキビを防ぐための化粧水はたくさん販売されていますが、どのような化粧水が大人ニキビに効果があるのでしょうか。それでは大人ニキビを防ぐための化粧水を上手に選ぶポイントをお伝えしていきましょう。

 

大人ニキビを防ぐための化粧水、上手に選ぶ7つのポイント

 

保湿成分がたっぷり配合された化粧水を選ぼう

大人ニキビができてしまうと、皮脂を抑えるさっぱりタイプの化粧水を選んでしまうことがありますが、大人ニキビを防ぐためには保湿成分がたっぷり配合された化粧水を選ぶことが大切になります。

大人ニキビができる主な原因は、肌の乾燥にあります。

洗顔後にしっかりと保湿をすることで肌の乾燥を改善し、皮膚のターンオーバー機能を回復させることが重要です。

また肌にはほこりなどの外的刺激から守ったり、角質からの水分の蒸発を防ぐ役割のある皮脂膜があり、肌のバリア機能としての役割があります。

肌のバリア機能は老化やストレス、生活習慣の乱れなどが原因で低下してしまい、乾燥がすすんでしまいます。肌のバリア機能を低下させないためにも、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどのオイルフリーの保湿成分が配合された化粧水でしっかり保湿しましょう。

 

ニキビに効果的な有効成分が配合されたものを選ぼう

大人ニキビができてしまった場合は、保湿成分だけ配合された化粧水ではなかなか改善されません。そこでニキビに効果のある成分が配合された化粧水でケアを行うとニキビの炎症を抑え、その後の予防にも繋がります。

ニキビに効果のある成分にはグリチルリチン酸ジカリウムやグリチルレチン酸ステアリルなどがあります。

これらの成分には抗炎症作用や殺菌効果があり、大人ニキビの改善に効果が期待できます。

最近のニキビ用の化粧水は作用も穏やかで、有効成分の肌への負担を考慮して配合されていますが、稀に肌に刺激があることがあります。敏感肌の人は使用を控えるか、一度肌の一部にだけ塗布し、反応を見てから使うようにしましょう。

 

ビタミンC誘導体配合の化粧水を選ぼう

ビタミンCには過剰な皮脂の分泌を抑え、毛穴が詰まるのを防ぐ働きや、ニキビの炎症を抑える抗炎症作用があり、大人ニキビの改善には欠かせない栄養素です。

また強い抗酸化作用があるため、毛穴に詰まった古い皮脂や角質を酸化させニキビの原因を作る活性酸素の悪影響を食い止める働きもあります。

大人ニキビの改善に有効なビタミンCですが、直接肌に塗っても浸透しにくく、熱や光、空気に触れると酸化しやすいという特徴があるため、これまでは化粧水に配合することが難しい栄養素でした。

一方ビタミンC誘導体は肌への浸透率が高く、体内の酵素の反応によってビタミンCに戻り、その効果を最大限に発揮することができます。

ビタミンCには色素沈着の原因であるメラニン色素を抑制する働きもありますので、ニキビ跡の改善にも効果的です。

 

皮脂の分泌量を適正にしてくれる成分が配合されたものを選ぼう

思春期にできるニキビは過剰に分泌された皮脂が原因でできることがほとんどです。

20才代を超えると思春期特有の皮脂の過剰な分泌が治まってきますが、それでも皮脂が過剰に分泌しているように見えるのは毛穴ケアがしっかりできていない可能性があります。

乾燥した肌を守るために皮脂が過剰に分泌され、毛穴を詰まらせることで大人ニキビはできてしまいますので、まずは乾燥肌を解消することが大切になります。

繰り返し大人ニキビができる人は自分の肌質が脂性と勘違いして、さっぱりタイプの化粧水を使用していることがありますが、これは逆効果です。

この場合におすすめの化粧水は毛穴を塞がずに、しっかりと保湿ができるオイルカットの化粧水です。乾燥した毛穴はどんどん細くなり、詰まりやすくなってしまいますので、オイルカットの化粧水でしっかり保湿しましょう。

 

大人ニキビにはアンチエイジング効果がある化粧水もおすすめ

大人ニキビにはアンチエイジング化粧水も効果があります。

アンチエイジング化粧水には、シワやたるみを改善するためにセラミドやコラーゲンなどの強力な保湿成分やたるみ対策のための真皮のコラーゲンを強化するビタミンC誘導体、細胞の活性化を促すプラセンタなどが多く含まれています。

これらはアンチエイジング効果に加え、乾燥肌を集中的にケアできる成分ですので、乾燥が原因でできる大人ニキビを改善・予防にも大きな効果が期待できます。

アンチエイジングにプラスして大人ニキビのケアを行う場合は、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどをしっかり配合した化粧水を選び、特に乾燥しやすい箇所は重ねづけすると効果的です。

しっかりと水分を補充した後は、水分が逃げないように保湿クリームなどで蓋をすることも大切になります。

基本のスキンケアをする時間がないという人には、アンチエイジング用のオールインワンゲルなどを使用することもおすすめです。

 

ニキビの炎症を抑える成分が配合された化粧水を選ぼう

大人ニキビが悪化してしまうと、赤く炎症を起こして目立ってしまいます。

この状態は痛みを感じる場合もありますし、きちんとケアをしないと色素沈着やニキビ跡が残ってしまうことがあります。

大人ニキビは赤く炎症する前に改善することが重要ですが、もし悪化してしまった時には炎症を抑える成分の配合された化粧水を選ぶことがポイントになります。

ただし炎症を抑える成分は肌への刺激が強く、乾燥を引き起こしてしまう可能性があるため、炎症を抑える成分はハーブなどの天然植物成分がおすすめです。

大人ニキビが炎症を起こして腫れている状態はニキビの芯まで有効成分が届きにくくなっていますので、浸透力に優れた化粧水を選ぶようにしましょう。

また炎症を治まったらニキビ後や色素沈着を予防するためにも、美白成分が配合された化粧水を使用すると跡に残りにくくなります。

 

ピーリング効果のある化粧水を選ぼう

大人ニキビを予防するためには、サリチル酸やグリコール酸などが配合されたピーリングタイプの化粧水も効果的です。

これらの成分で古い角質を溶かすことで肌の再生を促し、毛穴の詰まりを解消することで大人ニキビを予防します。

ピーリング系の成分は角質柔軟成分とも呼ばれ、ニキビ跡の予防やケアにも効果的ですが、もともとアメリカで発表された成分ですので、日本人の肌には刺激が強い成分です。

そのため乾燥肌や敏感肌の人は向いていません。またできてしまったニキビを治す効果はないため、使用する際には注意が必要になります。

使用する際には目立たない箇所でパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。

 

いかがでしょうか。

大人ニキビを防ぐために、重要なのは保湿です。

ニキビの状態に合わせて、自分の肌にあった化粧水を選ぶことが大人ニキビを予防するためには一番重要です。

大人ニキビ肌はちょっと刺激にも敏感になっていますので、成分選びを間違えるとニキビは悪化してしまうことがあります。自分の肌質をしっかり把握し、自分にあった成分を選ぶようにしましょう。

また肌に合わない成分や肌に有害な成分が含まれた化粧水は、ニキビができている時は絶対に使わないようにしましょう。急にできてしまった大人ニキビを改善するために市販のニキビ薬を使用する時も、しっかりと成分を確認することが必要です。

 

まとめ

保湿成分がたっぷり配合された化粧水を選ぼう

・ニキビに効果的な有効成分が配合されたものを選ぼう
・ビタミンC誘導体配合の化粧水を選ぼう
・皮脂の分泌量を適正にしてくれる成分が配合されたものを選ぼう
・大人ニキビにはアンチエイジング効果がある化粧水もおすすめ
・ニキビの炎症を抑える成分が配合された化粧水を選ぼう
・ピーリング効果のある化粧水を選ぼう


連記事