山椒の効能を知れば、今すぐ料理に使いたくなる7つの理由

山椒の効能を知れば、今すぐ料理に使いたくなる7つの理由
日本人が大好きなうなぎや麻婆豆腐などの中華料理には欠かせない薬味として、古くから馴染みのある「山椒」はミカン科のサンショウ属に分類される落葉低木の1つです。

舌の上に残るピリリとした辛みと、鼻から抜ける独特の香りが特徴的な山椒は、人によって好き嫌いが分かれる食材ですよね。また白米のように毎日食べるものではないので、一生食べなくても生きていける食材でもあります。ところが実は山椒は積極的に食べて頂きたいスーパー食材なのです。

そこで今日は山椒の効能や効果的な料理での使い方などについてお伝えします。ではご覧ください。

 

山椒の効能を知れば、
今すぐ料理に使いたくなる7つの理由

 

夏場に大活躍!山椒を食べて食欲アップ&食中毒を予防しよう

山椒は、夏の暑い時期に積極的に召し上がって頂きたい食材です。それには2つの効能が関係しています。

1つ目は、食欲を増進するという効能です。香辛料である山椒の独特の香りによって、食欲がそそられるので夏バテには最適です。

2つ目は、夏場に気を付けなければいけない食中毒です。山椒は菌が繁殖するのを防いでくれるので、夏場のお弁当にはもってこいの食材です。

山椒の実と昆布の佃煮をおにぎりに混ぜたり、ご飯の上にふりかければ食欲増進&食中毒予防の最強お弁当の完成です!

山椒の効能を夏場のお弁当にも最大限活かしましょう!

 

胃の不調時には、積極的に山椒を食べよう

 

「胃がムカムカして何も食べる気持ちにならない。」「胃もたれに悩まされている」という方にオススメなのが、山椒です。

注目すべきは山椒の皮に含まれている「シトローネ」などの精油の成分!このシトローネには、胃を健康に保ち、内臓温度を上げるという驚くべき効能があります。

山椒の実を混ぜ込んだおにぎりなどを食べても良いですが、胃もたれ中は食が進まないと思いますので、煎じた山椒の皮を約3グラム、毎食後に飲むと良いでしょう。

胃腸薬にすぐ頼るのではなく、このような自然食材の力を借りて身体に優しい対処法を是非お試しください。

 

ツルツル美肌に!肌の若返りには山椒が効果的

山椒には身体を温める効能があり、食べると身体の内側からポカポカしてきて、血行が良くなるのです。

身体全体の血の巡りが良くなると自然に顔色も良くなって、肌にもハリとツヤが出てきます。

冬の寒い時期はどうしても、身体の内側から冷えてしまい血行が悪くなるので肌の乾燥・くすみ・ニキビなどの肌トラブルが続出してしまいます。

ですから、日々の食生活に美肌の効能をもつ山椒を積極的に取り入れるようにして、ツルツル美肌を目指しましょう。肌の若返りにはズバリ・・・山椒です!

 

ズキズキ神経痛には、山椒の効能を役立てよう

身体が冷えるとズキズキとした関節の痛みに悩まされたり、年齢を重ねるごとに原因不明の神経痛に悩まされる人も少なくはありません。

そんな時には、山椒の効能をフルに活用しましょう。注目すべきは、精油成分が豊富に含まれている「山椒の葉」です。

神経痛の場合は、お茶などにして山椒の成分を体内に取り込むよりも、身体の外側から成分を浸透させていきましょう。

方法は、山椒の葉を刻んで中身がこぼれないように、袋に詰めます。それを、湯船に浮かべてお風呂に入れば山椒の効能を最大限に引きだして活用することが出来るのです。

 

老化防止には山椒を食べよう

「いつまでも若々しい自分でいたい」という気持ちは、誰しも胸に秘めている感情です。

実は、山椒は老化防止の効能を秘めたスーパー食材であるいうことを覚えておきましょう。

山椒が老化防止に効果的な理由は2つあります!

1、山椒の独特の香りが脳に伝わると、成長ホルモンの分泌量が増加するので、肌のターンオーバーなどが促されアンチエイジング効果が高まります。

2、山椒のピリリとした辛み成分には脳の働きを活性化させる効能があります。

このように老化防止に最適な食材なので、山椒の粉や実を日々の食生活に積極的に取り入れましょう。

 

山椒は脳の働きを活発にするマル秘食材

前項でも少しご紹介しましたが、ここでは山椒の効能が脳に与える良い影響について、更に詳しくお話いたします。

私達が山椒を食べた時に感じる辛みは、胡椒や唐辛子などにも含まれている成分「サンショール」という成分が影響しています。

しかしながら、山椒に含まれるサンショールは唐辛子の約200分の1しか含まれていないので、私達が感じる辛みは舌がビリビリと痺れているだけなのです。

その痺れが脳を刺激して、働きを活性化させるという効能があります。

年齢を重ねるごとに、どうしても脳の働きは衰えてきますから、山椒を食べて脳を元気にしましょう。

 

免疫力アップ!抗酸化作用のある山椒を食べよう

山椒を食べる時にふと感じ独特の香りは「ジテルペン」という成分が関係しています。

このジテルペンには、私達の体内に存在している免疫細胞を活性化して、若返りに効果的な抗酸化作用をアップさせてくれます。

抗酸化作用がアップすることで、年齢とともに失われていく肌のハリや潤いを取り戻すことが出来ますし、身体全体が生き生きとしてきます。

抗酸化作用は何もしないで高まることはありませんから自らアクションを起こし身体に働きかけていくことが最も重要なのです。

風邪予防・老化防止の効能を持つ山椒は、女性の味方です!

 

以上、山椒の効能を知れば、今すぐ料理に使いたくなる理由についてお伝えしました。
唐辛子や胡椒などに比べて時々しか使わない調味料かもしれませんが、このように素晴らしい効能を持ち合わせた山椒を食べないのは非常にもったいないことです。

山椒の実は白米に混ぜて、粉は胡椒の代わりに料理にふりかけて、葉は煎じてお茶として飲んでなどさまざまな活用方法がある山椒を積極的に取り入れて行きましょう。

さぁ、今日から皆さんのご自宅の調味料棚に「山椒」をプラスして健康の維持に役立てましょう。

まとめ

山椒の効能や効果

・夏場に大活躍!山椒を食べて食欲アップ&食中毒を予防しよう
・胃の不調時には、積極的に山椒を食べよう
・ツルツル美肌に!肌の若返りには山椒が効果的
・ズキズキ神経痛には、山椒の効能を役立てよう
・老化防止には山椒を食べよう
・山椒は脳の働きを活発にするマル秘食材
・免疫力アップ!抗酸化作用のある山椒を食べよう


連記事