ストレッチ器具選びの参考に☆部所ごとのおすすめアイテム

ストレッチ器具選びの参考に☆部所ごとのおすすめアイテム

「どうしても痩せたい!」「露出度の激しい夏までに、どうにかして部分痩せダイエットに成功したい」という方にオススメなのが、ストレッチ器具を使用したダイエット方法です。極端な食事制限をして食事量を減らしても、筋肉が落ちるだけで肝心の脂肪はおちませんし、ウェストやヒップなど特定の部位だけ痩せることはとても難しいと言えるでしょう。

より効率的に痩せるためには、気になる部位に集中してトレーニングをしていく必要があるのです。そこで今回は、より効果的に痩せるためにオススメのストレッチ器具をご紹介します。

オススメするアイテムは、スポーツショップやインターネット通販で購入できるものばかりです。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

ストレッチ器具選びの参考に☆
部所ごとのおすすめアイテム

 

背中・腰・肩の3つに効果的!リセットポール

「激しい運動は嫌いだけど、全身をスッキリさせたい」「背中と腰の両方を一度に鍛えられるアイテムが欲しい」という方に、オススメなのがリセットポールです。赤ちゃんの遊具に使われるような大きな筒状のストレッチ器具になっていて、リセットポールに身体を委ねるだけで全身のあらゆる部位が鍛えられるというわけです。

例えば、背中をスッキリさせたい場合はリセットポールの上に背中をおいて、仰向けに寝ます。そのままバランスを取るだけで、背中がすっきり引き締められるというわけです。また腰や肩などの気になる部位をリセットポールの上に置いて、簡単に部位ごとの集中ケアをすることが出来ます。

 

全身バランス良く引き締めたい人は、ストレッチマットを使おう

「どこが気になるかをあげたらキリがない!けど全身を引き締めたい」「とにかく見た目のシルエットを、ほっそりしたい」という方にオススメのストレッチ器具は、ストレッチマットです。ストレッチマットは1300~1500円程で手に入るマットで、ストレッチはもちろん、ヨガをする時にも重宝します。

とても軽いので持ち運びが楽チンなのも、多くの人に重宝される1つの魅力となっています。ストレッチマットを持っていれば、自宅の外でも身体をほぐす習慣が身につくので、非常に痩せやすくなるというわけです。例えば、公園にお散歩に行く時に一緒に持っていったり、常に車に積んでおくことをオススメします。

 

お腹回りを引き締めるストレッチ器具☆バランスボール

「ウェストをもう一回り細くしたい」「結婚式までにウェストを、-5cm細くしたい」という方にオススメのストレッチ器具は、バランスボールです。別名エクササイズボールとも言って、ボールに乗るだけで腹筋や背筋を引き締めてくれるというのです。

お腹を引き締めたいのなら、バランスボールに座ってバランスを取るだけで大丈夫!不安定なボールの上で、必死にバランスを取っていると、いつの間にか腹筋が鍛えられていきウェスト部分も細くなります。極端な食事制限をしてもお腹周りの余分な脂肪は落ちないので、バランスボールで徹底的に腹筋を鍛えておくようにしましょう。

 

マグネットツイスターで究極のくびれをゲットしよう

最近人気のストレッチ器具の1つに、マグネットツイスターがあります。マグネットツイスターはお腹周りの脂肪を落として、より引き締めてくれると評判を呼んでいます。使い方は、本当に簡単です!マグネットツイスターに乗ったら、ひざを曲げて左右に腰をねじるだけでOKです。

テレビを見ながらマグネットツイスターを利用すれば、毎日気軽に取り組むことが出来ますね。日常生活を送っているとなかなか腰をひねる運動は出来ないので、ストレッチ器具を使用してより効果的に腰ひねりの運動を始めていきましょう。

1日で大きな効果は出ませんが、毎日続けることで着実にウェストラインが引き締まってくると思います。ぜひ、お試しください!

 

腹筋と二の腕を鍛えたい人は、ストレッチホイールを使おう

「ブヨブヨの二の腕をどうにかしたい」「腹筋を鍛えて、ウェストラインをスッキリ見せたい」という方にオススメのストレッチ器具は、ストレッチホイールです。ストレッチホイールはタイヤの周りにハンドルが付いている器具で、主に上半身を鍛える時に役に立ちます。それでは、ストレッチホイールの使い方をご紹介します。

①両手でストレッチホイールのハンドルをしっかり握って、体重を前方にかけます。
②腕を伸ばして、体重を前方にかけましょう。
③そのまま両手を伸ばした状態で、もう一度元の位置まで戻します。

これを1日のうちに、何度も何度も繰り返しましょう。最初のうちはキツイと感じるでしょうが、1か月もすれば慣れてきますのでご安心下さい。

 

太ももを細くしたい人は、レッグスライダーを使おう

「太ももがブヨブヨで、スカートを履きたくない」「モデルのようなほっそりした足に憧れる」という女性にオススメのストレッチ器具は、レッグスライダーです。レッグスライダーは専用の器具に両足を乗せて、開いたり閉じたりを繰り返すだけで簡単に太ももの内側を鍛えることができます。

太ももの内側は余分なお肉が付きやすい割に、日常生活の中ではあまり使わない部分でもあります。そこでストレッチ器具を使うことで意識的に筋肉を鍛えて、ほっそりとしたスタイルに導いてくれるというわけです。

レッグスライダーは現在さまざまな種類の器具が発売されているので、それぞれの口コミ評価や機能性を十分にリサーチした上で、チョイスしていきましょう。

 

フラフープもストレッチ器具の1つです!

最後にご紹介するのは、子供の遊び道具として人気がある「フラフープ」です。フラフープは凝り固まった腰回りの筋肉や、ブヨブヨのウェストラインを引き締めてくれる効果の高いストレッチ器具になります。遊びながらフラフープを楽しく使って、ウェスト部分を常に刺激してあげることで、余分なお肉も徐々に落ちていくはずです。

フラフープは、おもちゃ屋さんやスポーツショップで販売しているので、興味のある方は気軽に購入してみてはいかがでしょうか?ダイエットもストレッチも、楽しみながら続けるのが1番効果的です。ストレスフリーで、美しいボディラインをゲットしていきましょう!

 

いかがでしたか。ストレッチは体全体の筋を伸ばすために、血流や気の流れを良くして、デトックス効果も期待できます。深呼吸と合わせてストレッチを施すことで、正常な食欲が維持できるとも言われ、食事制限にも役立ち一石二鳥です。

ストレッチ器具を用いた局所ストレッチでは、日常の生活では鍛えにくい部分の筋肉を鍛える効果が期待できるものもあります。体に筋肉が付いてくると消費カロリーも高くなる上、くびれのあるメリハリボディーが完成します。粘土のように自分の体をデザインできますね。

ストレッチはムリのない範囲で、毎日欠かさずに積み重ねることが大切です。せっかく柔軟になった体でも、暫く休んでしまうとあっという間に硬くなります。楽しく続けるための工夫が不可欠です。

 

まとめ

ストレッチ器具選びの参考に☆部所ごとのおすすめアイテム

・背中・腰・肩の3つに効果的!リセットポール
・全身バランス良く引き締めたい人は、ストレッチマットを使おう
・お腹回りを引き締めるストレッチ器具☆バランスボール
・マグネットツイスターで究極のくびれをゲットしよう
・腹筋と二の腕を鍛えたい人は、ストレッチホイールを使おう
・太ももを細くしたい人は、レッグスライダーを使おう
・フラフープもストレッチ器具の1つです!


連記事