数ある便秘解消方法の中で、即効効くものベスト7

数ある便秘解消方法の中で、即効効くものベスト7

毎日忙しくしていると、生活のリズムが乱れがちになってくることがあります。不規則な生活が続くと悩みの種になるのが「便秘」です。
なんと、女性の2人に1人が便秘なのだそう。

お通じの良くなる食生活を心掛けて、規則正しい生活にすることが便秘解消につながる…とわかっていても、実行するのはなかなか難しいですね。

便秘が続くと、体の疲れはとれなくなるし、安眠できなくなるし、お肌が荒れて吹き出物が出来てしまうし、まったく良いことがありません。
体調不良を引き起こしてしまう便秘とは、出来るだけ早くおさらばしたいものです。

世の中には様々な便秘解消法があります。

「これをすれば必ずトイレに行きたくなる」
「なかなか出てこないときにはこれをする」
便秘に悩まされている人は「これが効く」という便秘解消法を持っている人も多いですね。
みんなが試している様々な方法…その中でも即効性があるのはどんな方法でしょう。

今回は「即効性ならこれ!」という便秘解消法を紹介します!

 

数ある便秘解消方法の中で、
即効効くものベスト7

 

 

朝一番に水を飲む

便秘の大きな原因は、腸のぜん動運動がうまく行われていないことにあります。

消化された食物は、腸の中を動きながら水分がどんどん吸収されていきますが、腸がうまく動いていないと、水分が吸収されすぎて便が固い塊になってしまって便秘を引き起こしてしまうのです。

ということは…腸の運動を活発にさせれば、便秘は解消できるはず!それに最適な方法が「朝起きぬけに水を飲む」こと。朝起きると同時に体も活発な運動を始めますが、その時に刺激がなく消化の負担もない水を飲むことで腸を刺激するんですね。

飲むタイミングは「起きてすぐ」がベスト。腸が活動を始める前に飲むのが重要ポイントです。

 

お腹をすかす

便秘の原因の一つに「腸が休む暇がない」ということがあります。間食が多くいつもお腹に何か入っている状態の人は便秘に悩まされることが多いはず。便秘がちの人、心当たりありませんか?

腸が活発に働くのは、実は空腹のとき。胃に食べ物が入っている間は、消化のエネルギーが胃に集中します。すると腸の動くが鈍くなってしまうんですね。胃を空っぽにして腸にエネルギーを向けることが便秘解消につながるんですね。

口から入ったものが胃の中で完全に消化される時間は約3時間。食事と食事の間に3時間はあけないと、胃は常に働いている状態になってしまうのです。

便秘を即効で解消したいときには、ちょっと食べ物の誘惑を退けて、「お腹が空いた」状態にしてみましょう。

 

天枢を押す

便秘解消法の中でも「ツボを刺激する」というのは多くの人が試している方法です。ツボを刺激することで、血行を促進し、腸の動きを活発にさせるんですね。

腸の動きを刺激するツボは、手足、お腹、いろいろな場所にありますが、中でも一番のお勧めが「天枢」です。天枢は内臓全般の働きを活性化させるツボで、便秘だけでなく下痢にも効果のある整腸作用のあるツボです。

天枢の場所は、おへそから指3本分外側に離れた2か所。便秘の人は天枢から指2~3本下の場所が固くなっているはずです。天枢を、人差し指~薬指の3本を揃えて、お腹が軽くへこますくらいの強さで押しましょう。

敏感な人は数回押すと便意を感じるので、トイレの中で試すとよいですね。

 

つま先立ちが効く

あっという間に便秘を解消出来る簡単な方法…それは「5分間つま先立ちをする」というものです。
靴を履かずに、5分間つま先立ちでじっと立っているだけ。ふらつくときは壁や椅子に手を添え、バランスを取ります。

便秘の原因に、基礎代謝力が低いということがあります。代謝を上げるには血流を良くすることが重要ポイント。血行促進に大きな影響を与えるのが筋肉の動きですが、筋肉の塊のふくらはぎをつま先立ちで刺激することで血行促進し便秘解消へ導いてくれるんですね。
それに加えてつま先立ちでバランスを取ることで腹筋や腸を刺激し、速攻で便秘解消してくれる…というわけなのです。

「え?それだけで?」というつま先立ち便秘解消法、だまされた…と思って試してみてくださいね。

 

納豆、オクラ、長芋が効く

便秘解消に食物繊維をたくさん摂る…というのは常識ですね。食物繊維には、消化器内で水分を吸収し便の量を増やして排せつを促す不溶性食物繊維と、水に溶け便を軟らかくしてくれる水溶性食物繊維の2種類があります。

不溶性食物繊維は腸の動きが悪い時や水分が不足していると便を固くして便秘を引き起こしてしまうので注意が必要です。速攻で便秘を解消したいときには便を軟らかくしてくれる水溶性食物繊維を摂るようにしましょう。

水溶性食物繊維をたっぷり含む食材の代表が、納豆、オクラ、長芋などです。便秘に悩まされているときには、オクラ納豆、長芋納豆…などの一品を食事のメニューに加えてみましょう。海藻や果物にも水溶性食物繊維が豊富なので、意識して摂るようにするといいですね。

 

自然の便秘解消薬センナ茶

昔から便秘解消にセンナが利用されてきました。センナは、便を柔らかくし、腸内の働きを活発にさせ排便促す効果を持っています。ただし、実や葉は下剤の原料として医薬品指定されています。一般的に販売されているのは医薬品指定されていない茎を利用して作られるセンナ茶です。

茎でも実や葉と同様に効果は絶大です。すぐにでも便秘を解消したいという人にはかなりの効果があります。

ただ、センナ茶に頼りすぎると、腸のぜん動運動が行えなくなって自分で排便が出来なくなったり、下痢や腹痛を引き起こしたり…という弊害や副作用も出ることがあります。特に妊婦さんにはNG。腸のぜん動運動が早産や流産につながってしまうことも…。

センナ茶は「どうしても出ない」という緊急措置に使うにとどめておきましょう。

 

目覚めのコーヒーが便秘に効く

朝の目覚ましの定番、コーヒー。実はコーヒーにも便秘解消効果があります。

コーヒーに含まれているカフェイン。覚醒作用があることはよく知られていますね。カフェインには覚醒作用の他にも、腸を収縮させ動きを活発にして排便を促す効果もあるのです。コーヒーだけでなく、カフェインの含まれている紅茶や緑茶なども効果的です。

特に効果的なのは、朝、体が活動を始めるときに飲むことです。カフェインの効果ですっきり目が覚めるだけでなく、腸が刺激されて排便を促してくれて、すっきりと一日を始められますよ。

ただし、カフェインを含んだ飲み物は利尿作用も持っていて水分の排出を促すので水分不足で便秘を引き起こしてしまうことも…。飲みすぎは禁物です。

 

いかがでしたか。即効性のある便秘解消法を紹介しました。便秘に悩んでいる人はぜひ試してみてくださいね。

ただ、一番いいのは便秘にならないように予防することです。水分を十分に摂って、食物繊維をたっぷりと含む食事を意識する。そして便秘予防の重要ポイントは便意を感じたらすぐにトイレに行く…ということ。「トイレに行きたい」というのを我慢してしまうと、便を出すチャンスを失い便秘になりやすくなるのです。

出来れば、朝には水分と食べ物で胃腸を刺激し、朝の排便し一日をすっきり気持ちよく始める習慣をつけるのが一番ですね。自分に合った便秘解消法を見つけて、すっきり気持ちの良い毎日を目指しましょう。

 

まとめ

数ある便秘解消方法の中で、即効効くものベスト7

 

・朝一番に水を飲む
・お腹をすかす
・天枢を押す
・つま先立ちが効く
・納豆、オクラ、長芋が効く
・自然の便秘解消薬センナ茶
・目覚めのコーヒーが便秘に効く


連記事