蜂蜜の効能で美肌に☆忙しい女性にオススメの7つの摂取法

蜂蜜の効能で美肌に☆忙しい女性にオススメの7つの摂取法

蜂蜜には、鉄、カルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウムをはじめとする沢山のミネラルが含まれています。ビタミン類では、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンKなどが含まれています。その他、酵素や有機酸といった微量成分も含まれています。

蜂蜜は一度に大量に食べる物ではありませんが、沢山の栄養素がバランスよく含まれている素晴らしい食品です。

一匹のミツバチが一生かかって集められる蜂蜜の量は、ティースプーンにたった1杯です。そしてそのティースプーン1杯の蜂蜜が集められるには、どれだけ沢山のお花が必要だったでしょう。

そんなことを思い浮かべてみると、蜂蜜はまさに女の子のための食べ物のような気がしてきますね。そして実際に、蜂蜜には、女性に嬉しい効能がいっぱいです。

そんな蜂蜜、忙しい女性にぴったりの摂り方を、簡単な摂り方を中心にご紹介します。

 

蜂蜜の効能で美肌に☆
忙しい女性にオススメの7つの摂取法

 

とろ~り甘~い蜂蜜でリラックスしましょう

蜂蜜と一言で言っても、蜂蜜には花の数ほどの種類があります。

蜜蜂によっていろいろな花からブレンドされた蜜は百花蜜と言われ、ある種類の花からのみ集めた蜜は単花蜜と言われ、蜜蜂が蜜を集めた花の種類によって、色も味も香りも全く違います。

もしも可能なら、蜂蜜専門店で、あなたの好みの蜂蜜を見つけてみませんか。もちろん、スーパーでごく普通に手に入る蜂蜜でも構いません。日常にもっと蜂蜜を取り入れてみましょう。

あのとろ~りとした琥珀色の蜂蜜、甘~くとろける感じをイメージするだけで、何故か気持ちが癒されます。

蜂蜜でリラックすることでストレスを解消し、お肌のトラブルともさよならです。

 

何にでも、お砂糖の代わりに蜂蜜を使いましょう

とにかく、お砂糖の代わりに何にでも蜂蜜を使いましょう。

一回に摂取する量はわずかでも、お砂糖の代わりに蜂蜜を使うことで、沢山の、女性に嬉しい成分を摂取することができるのです。

例えば、紅茶に入れて、蜂蜜の香りと甘さを楽しみましょう。シュガートーストのお砂糖の代わりの蜂蜜を使いましょう。お料理でお砂糖を使う場面で蜂蜜に代えてみましょう。

特に蜂蜜をお料理に使うことでは、殺菌効果やお肉を軟らかくする効果も得られるので、一石二鳥です。

 

オリゴ糖で腸の中から綺麗になっちゃいましょう

蜂蜜にはオリゴ糖が豊富に含まれています。

オリゴ糖は腸の中で善玉菌のエサとなることで、善玉菌を増やしてくれます。善玉菌が増えると、善玉菌によってしか作られない美肌作りに効果のあるビタミンが生成さたり、腸内環境が改善されます。

それによってお通じが良くなり、身体の中の老廃物がスムーズに排出され、美しいお肌をつくることにつながります。

おすすめの食べ方:プレーンヨーグルトに蜂蜜を入れて食べましょう。蜂蜜に含まれるオリゴ糖やグルコン酸が、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌のエサとなります。

ここにキウイフルーツなどでビタミンCなどを補えば、最高の美肌メニューになります。

 

亜鉛の効果でアンチエイジング効果を狙いましょう

蜂蜜に含まれる亜鉛には、細胞の生まれ変わりを活発にさせて皮膚の発育を促したり、免疫力を高める作用がありますので、美肌には欠かせないミネラルです。

また、女性ホルモンの分泌を活発にさせる働きがあるので、肌荒れやニキビのない健やかなお肌の維持には欠かせません。

この亜鉛に更に女性ホルモンに似た働きをすると言われている大豆イソフラボンを使ったレシピで、ホルモンバランスのいい美しい女性を目指しましょう。

おすすめの食べ方:蜂蜜を使った白和え。
糸こんにゃく50gを食べやすい長さに切り、細切りにした人参1/4本、春菊適量と一緒にさっと茹でておきます。木綿豆腐100gを水切りして崩して、糸こんにゃくと人参と春菊、しょうゆ小2・蜂蜜大2・白すりごま大1・塩小1/4と合えます。

 

かぼちゃと合わせて美肌になりましょう

スウィーツも、蜂蜜の栄養+美肌効果抜群の食材を使って作りましょう。

かぼちゃには、抗酸化作用の強いビタミンAとビタミンEが豊富に含まれています。その他にも女性に嬉しい効果がいっぱいのかぼちゃに、甘みの強い蜂蜜をたっぷりと使えば、少量でもお腹がしっかりと満足するスウィーツが出来ます。

おすすめの食べ方:かぼちゃのみたらしあんかけ。
かぼちゃ150gは、適当な大きさに切った後、レンジで中まで加熱します。小鍋に、水1/3カップ・蜂蜜大2・しょうゆ大2を入れてひと煮立ちさせ、水溶き片栗粉(水大2・片栗粉小2)でとろみをつけます。かぼちゃにたっぷりとみたらしあんをかけて召し上がれ。

 

鉄分補給で顔色アップしましょう

蜂蜜には、白砂糖の20倍もの鉄分が含まれています。

女性は特に鉄分が不足しがちですので、日ごろのお料理で白砂糖の代わりに蜂蜜を使うだけで貧血予防となるのは嬉しい効能ですね。貧血気味だと顔色も悪く不健康に見えがちですが、蜂蜜で鉄分を補給して、血色のいい艶々のお肌を目指しましょう。

おすすめの食べ方:鶏レバーのハニーマスタード和え。
鶏レバーは食べやすく切って洗います。フライパンに薄切りにしたニンニクとオリーブオイルを入れて、香りが立ったらレバーを入れ炒めます。火が通ったら塩少々をふります。ボウルにマヨネーズ大2・粒マスタード小2・蜂蜜小1・しょうゆ小1を入れ、炒めたレバーを和えます。

レバーは鉄分が豊富な食材ですので、貧血気味の時にはぜひお勧めしたいレシピです。

 

直接塗って使っちゃいましょう

蜂蜜は、それ自体が腐りにくい食品です。それは、グルコン酸が菌の増殖を防ぎ、蜜と酵素の反応によってそれ自身が殺菌消毒されることによります。

そして、自己保存性に加え、蜂蜜には優れた殺菌消毒効果があるのです。切り傷や火傷の手当てや、床ずれにまで効果があると言われています。全くの自然食品ですから、副作用などの心配は一切ありません。

美容の面で特に有効なのは、唇をプルプルにする効果です。グロスの代わりに蜂蜜を使うという人も居るくらい、その効果は抜群ですが、べとべとするのはちょっと・・・という人は、唇にたっぷりと蜂蜜を塗ったらラップで覆ってしばらく待ちましょう。プルプルの唇になれます。

 

いかがでしたでしょうか。

スーパーなどで安価に手に入る蜂蜜の中には、色や香りを取り除いてある精製はちみつや、蜂蜜以外の糖分を40%以下で混合してある加糖はちみつがあります。お砂糖の代わりに惜しみなく使うには、こういった蜂蜜を使うのがいいかもしれません。

また、値段は高くなりますが、蜂蜜が出来るまでのことを想像してその香りや味を楽しむために、ちょっとこだわって蜂蜜を選んで試してみるのも素敵です。

用途に合わせていくつかの蜂蜜を使い分け、忙しい毎日の美活に上手に蜂蜜を取り入れてみませんか。

 

まとめ

蜂蜜の効能で美肌に☆忙しい女性にオススメの7つの摂取法

・とろ~り甘~い蜂蜜でリラックスしましょう
・何にでも、お砂糖の代わりに蜂蜜を使いましょう
・オリゴ糖で腸の中から綺麗になっちゃいましょう
・亜鉛の効果でアンチエイジング効果を狙いましょう
・かぼちゃと合わせて美肌になりましょう
・鉄分補給で顔色アップしましょう
・直接塗って使っちゃいましょう


連記事