夏のダイエットにおすすめの運動法と注意点

夏のダイエットにおすすめの運動法と注意点

夏のダイエットで運動をするときは熱中症や日射病をしないために注意しなければいけないことがあります。また、夏は夏バテなどの体調を崩しやすい季節です。体に負担のかかるダイエットをするとどうでしょう。

痩せる以前にダウンしてしまい元も子もなくなってしまいます。そこで、夏にダイエットをする際には、夏バテしにくいように食事にも気を使わなければいけないのです。夏になる前に運動や食事療法でせっかくダイエットを続けて成功していても、夏本番に入ってから体調を崩してしまったり、リバウンドで体重が戻ってしまってはもったいないですよね。

そこで今回は、夏におすすめの運動法と注意点を6つご紹介します。他の季節と同じようにダイエットを続けることが難しい夏ならではのダイエット方法を意識して実践しましょう。

 

夏のダイエットにおすすめの
運動法と注意点

 

屋外での有酸素運動には水分補給をこまめにしよう

ダイエットのためにウォーキングなどの有酸素運動をする人は多いでしょう。有酸素運動は、20分以上を目安に行うことで脂肪を燃焼する効果があるのです。しかし、夏の日中は気温があがり、熱い日差しが体を照らします。

そこで注意したのは日射病や熱中症です。日射病や熱中症の予防にはこまめに水分補給をすることが大事です。ウォーキングをする際はウエストポーチやリュックに入れて水を携帯するようにしましょう。

 

運動後にはスポーツドリンクではなく常温の水を飲もう

夏のダイエットで運動をすると大量の汗をかきます。そのために運動中や運動後にこまめに水分を補給する事は非常に大切なのですが、ここで注意したいのは、スポーツドリンクを飲まないことです。スポーツドリンクはミネラルやナトリウムを補給するために非常に効果的なのですが、糖分やカロリーが多く含まれていることも事実です。ダイエット中であればスポーツドリンクよりカロリーが低い水を飲むようにしましょう。

ただし、脱水症状が見られるときなど、水分補給に緊急性があるときにはスポーツドリンクが効果的なので臨機応変に摂取するようにしましょう。

 

豚肉を食べて代謝を上げよう

夏のダイエットというと野菜中心の食事を思い浮かべるひとがいるかもしれませんが、実は意外にも豚肉を食べる事が効果的なのです。豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれています。このビタミンB1は、体に入ってくる糖質をエネルギーに変えて代謝を向上させる効果があるのでダイエットに効果を発揮するのです。

また、ビタミンB1が不足すると夏バテになりやすくなりますので、豚しゃぶなどでヘルシーな調理法で食べるようにしましょう。

 

夏はストレッチ運動で代謝を良くしよう

夏にダイエットのために屋外で運動をするのは日焼けをしますし、気がすすまないというという人におすすめの運動法がストレッチです。ストレッチは、屋外で行う激しい運動と異なり、屋内や日陰でも行うことができ、年齢や運動の得意不得意問わずに誰でも実践しやすい運動です。

また、ストレッチは体の中にたまりやすい老廃物を流す作用や、適度な汗をかくことができるため、発汗によって自律神経の乱れを防ぐ効果も期待できるのです。

 

ヨガは夏にぴったりのダイエット法

夏にダイエットをするならヨガをすることをおすすめします。ヨガは深い呼吸をしながら行う運動なので脂肪燃焼が進みやすく、ストレッチによってリンパの流れがよくなってむくみを解消することも出来るのです。特におすすめのヨガのポーズが木のポーズです。木のポーズは骨盤の歪みを矯正する効果もあります。

1.両足をくっつけて真っ直ぐ立ちます
2.右足のかかとを左足の太ももの内ももを押すように添え、片足立ちします
3.両手を胸も前で合わせてゆっくり頭の上まであげます
4.この状態で30秒間呼吸をしながらキープして反対側も同様におこないます

この木のポーズを右足、左足でそれぞれ3回ずつを目安に行いましょう。

 

そうめんを食べるときは生姜の薬味をプラスしよう

夏といえば冷たくてさっぱりした食べ物を食べたくなる人が多いでしょう。そこで人気なのがそうめんです。そうめんは、調理するときに油を使いませんのでヘルシーなのですが、一方で炭水化物であるという側面もあります。1食の食事が炭水化物のみだと栄養素が偏ってしまいので、そうめんを食べるときはサラダなど栄養が摂取出来るおかずを一緒に食べましょう。

また、めんつゆにすりおろした生姜を入れるがおすすめです。カレーなどのスパイシーなメニューが減る傾向にある夏は代謝が落ちやすくなるので、体を温めて新陳代謝を良くする生姜は夏バテ防止とダイエット両方に効果があるのです。

 

いかがでしたか。夏のダイエットにおける悩みは、体力が落ちて夏バテ気味になってしまい、運動をする気にならないこと。そして、冷たくて甘いモノを食べ過ぎてしまったり、食欲が落ちることによる栄養が偏りがちになってしまう、というケースが多いでしょう。

そこで、夏ならではのダイエットの悩みを解決する方法を、実践することが重要になってきます。少し意識をすれば実践できるダイエット方法や、ダイエットにおける注意点ばかりですので、参考にしてみてください。夏の暑い盛りでも、心にも体にもムリをさせることなく、楽しく継続できること、それが夏のダイエットのキーポイントです。

 

まとめ

夏のダイエットにおすすめの運動法と注意点

・屋外での有酸素運動には水分補給をこまめにしよう
・運動後にはスポーツドリンクではなく常温の水を飲もう
・豚肉を食べて代謝を上げよう
・夏はストレッチ運動で代謝を良くしよう
・ヨガは夏にぴったりのダイエット法
・そうめんを食べるときは生姜の薬味をプラスしよう


連記事