痩せたいあなたはどのタイプ?知って得する3つのカロリー消費術

痩せたいあなたはどのタイプ?知って得する3つのカロリー消費術
いつまでもキレイでいたいのは女性の永遠の憧れで、痩せたい願望はほとんどの女性が持っているのではないでしょうか。でも世の中にはたくさんの誘惑があって、なかなかスタイルを保つのも楽ではありません。ましてや一度ついてしまった脂肪を落とすのはすごく大変で挫折しがちだったりしますよね。

痩せたいと思って一生懸命運動をしても、一生懸命食事制限をしても、なかなか続かなかったり、思ったような効果がなかなかでなかったりすると続けるにも挫折してしまって三日坊主になりがちです。出来ることなら、きつい運動や食事制限ではなく、楽しく簡単に痩せたいと言うのが誰もの本心ではないでしょうか。今回はそんなきつい運動や食事制限ではなく、普段の生活の中で普段行っていることで効率よく痩せられるように、知って得するカロリー消費術をお伝えします。

 

痩せたいあなたはどのタイプ?
知って得する3つのカロリー消費術

 

初級者向け〜家事で効率よくダイエット

日常生活で体を動かすのであれば、普段の家事ではないでしょうか。家事で運動?とビックリする人もいるかもしれませんが、家事を侮ってはいけません。家事でも連続して行えば十分な運動量を要するようになります。さらにプラスオンした家事方法を行えばさらにカロリー消費を行うことが出来ます。痩せたいけど、運動は苦手という人にオススメな方法で、部屋の中もキレイになるので、心身ともに美への意識を高めることが出来ます。

どういった家事が効果的なのかというと体重50kgの人が30分間連続して行った時の消費カロリーで比較していくと洗濯物を干す、取り込む、たたむという行為では105kcalも消費することが出来ます。これは時速約4kmでウォーキングを30分行った時と同じカロリーの消費量になります。また、床の拭き掃除、モップがけ、部屋の片付け、風呂掃除を行うと91kcal消費することが出来ます。

さらにここからアドオンで、さらにカロリー消費をして痩せたいのであればこれらの家事を行う時に、手足につけるタイプのリストウエイトと言われるダンベルをつけて行うと体に負荷がかかるのでカロリーの消費を増やすことが出来ます。また、重いものを持ち上げる時は膝を伸ばしたまま前屈を行ったり、体をひねったりする動作を取り入れて、一つひとつ機敏に行うことでカロリー消費を行うことが出来ます。しっかりと痩せたいのであれば意識的に筋肉を動かすことが何より重要です。

 

中級者向け〜ウォーキングで効率よくカロリーを消費するポイント〜

普段から健康を考えてウォーキングなどちょっとした運動を行っているという人も多いはずです。ダイエットというほどきつい運動ではないけど、気休めにウォーキングしているという人やウォーキングくらいならこれから始めようと考えている人もいるのではないでしょうか。

先ほども少し書きましたが、体重50kgの人が時速約4kmでウォーキングを30分行った時の消費カロリーは105kcalしかありません。少しペースをあげて時速約5kmでウォーキングを行ってもカロリー消費はそれほど伸びることもなく、110kcalとあまり意味がないことが分かります。ではどうすれば効率よくカロリーを消費できるのでしょうか。

ウォーキングで効率よく脂肪を燃焼していくにはいくつかのポイントを抑える必要があります。まずウォーキングを行うタイミングから見てみましょう。私たちは物を食べることで食べた物をエネルギーとし体を動かします。

しかし口からエネルギーが補給されないと私たちの体は蓄積させておいたエネルギー、つまり脂肪を使ってエネルギーを生み出します。その仕組みを利用して空腹時にウォーキングを行うことで体内に蓄積された脂肪を効率よく消費することが出来ます。痩せたいと思うのであれば朝の起きがけのウォーキングがベストタイミングです。

次のポイントとなるのはどこでウォーキングをするかということです。平坦な道をずっと歩いていてもカロリー消費は思ったほどで来ませんが、坂道や凹凸の多い場所をウォーキングすればそれだけで負荷がかかるのでカロリー消費が多くなり、エネルギーを効率よく使うことが出来ます。景色などを楽しみながら効率よく痩せたいのであれば山や森などで行うウォーキングがオススメです。

 

上級者向け〜普段の習慣を変えて脂肪燃焼〜

本気で痩せたい人にオススメのプランがこの上級者向けプランです。上級者向けと言っても普段の習慣を少しだけ脂肪が燃焼されやすいように変えていくというものです。

私たちの生活は便利になり過ぎてしまって、実は昔に比べて脂肪が燃焼されにくい環境にあります。きれいに舗装された道路、電車や車などの交通網の発達などなど体を必要以上に動かさなくていい環境になってしまっています。本気で痩せたいのであれば、普段の生活で便利になり過ぎてしまっている習慣を自力で動く習慣へとまずは変えていくことです。

エスカレーターやエレベーターの使用を控えて、階段を使ってみたり、ウォーキングがてら徒歩で返ってみたり、手の届く範囲にものを置かず、体を動かしてものをとったりとそれだけでも普段のエネルギーの消費量は変わります。この普段の生活習慣を変えていくのに合わせて、食生活でもビタミンやミネラルを多くとるようにするとさらに脂肪を燃焼させやすい体になります。さらに休みの日などは自宅で過ごさず、効率よく脂肪を燃焼できるサイクリングなどに行くのがオススメです。

 

さて、今回は痩せたいあなたはどのタイプ?知って得する3つのカロリー消費術として

「初級者向け〜家事で効率よくダイエット」
「中級者向け〜ウォーキングで効率よくカロリーを消費するポイント〜」
「上級者向け〜普段の習慣を変えて脂肪燃焼〜」

の3つのタイプに合わせてカロリーを効率よく消費できる方法をご紹介しました。きつい運動やダイエットプログラムでなくても一工夫すれば効率よく脂肪が燃焼できることがお分かり頂けたでしょうか。

なかなか一度ついてしまった脂肪を燃焼させていくのは大変なものがありますが、痩せたいからダイエットしなきゃ!と息んでしまうと意外と続かないこともあったり、それだけでストレスに感じてしまったりと上手く行かなくなることもあります。無理して行うダイエットよりも普段の中で効率よくカロリーを消費することで痩せていける方が案外、心身ともに健康になれたりするものです。

どのタイプもそれほどきついというものではなく、普段行っていることで、さらに効率よく脂肪を燃焼させるにはどうしたらいいのかということがお伝えできたのではないでしょうか。どうせ同じことを行うのであれば、プラスオンで効率よく脂肪を燃焼できた方が嬉しいですよね。どれも今すぐにでも始められることばかりなので、まずは意識して気軽に始めてみることが大事です。

 

今日のまとめ

効率よく脂肪燃焼するには

・体に負荷をかけて家事をこなすこと
・ウォーキングは空腹時に
・生活習慣を見直して脂肪燃焼しやすい生活を


連記事