思春期のニキビの治し方を伝授☆1ヶ月で肌が蘇る7つのコツ

思春期のニキビの治し方を伝授☆1ヶ月で肌が蘇る7つのコツ

思春期のニキビの治し方にはテレビや雑誌などで様々な方法が良いと紹介されていて、一体どれが正しいのかわかりません。また、他の人に効果があっても自分に全く効果を発揮しない方法もあります。

いくつかの方法や洗顔フォームや基礎化粧品を試してみて、効果がない状態が続くと解決方法がないのかと落ち込んでしまいますよね。思春期ニキビの治し方が人それぞれ違うのは、ニキビの原因が異なるためなのです。

そのため、友人に効果があった方法が自分には効果がなかったからと言って肩を落とす必要はありません。

今回は、ニキビの主な原因に対して効果を発揮する基本的な思春期のニキビの治し方をご紹介します。意識すれば1ヶ月で肌が蘇るということも夢ではありません。

 

思春期のニキビの治し方を伝授☆
1ヶ月で肌が蘇る7つのコツ

 

洗顔の時にゴシゴシこすってはダメ

思春期にニキビができると治し方を調べる前に、まずゴシゴシと過剰に顔を洗ってしまうというケースが多くありますが、これはニキビを治すことに対して逆効果となってしまいます。

思春期ニキビの原因として皮脂が過剰に過剰に分泌されてしまうということがありますが、この皮脂は洗顔フォームを使えば十分に落とすことができます。むしろ、ゴシゴシと肌を擦ると、ニキビを刺激したり、肌を傷つけて余計に悪化する恐れがあります。

 

前髪がおでこにかからないようにしよう

思春期ニキビの治し方を模索中の人は、まず自分の髪型を鏡で見てみましょう。おでこにニキビができていて、前髪がおでこにかかっている人は、この前髪がニキビの原因になっているかもしれません。髪の毛には埃や雑菌がついています。

また、ワックスやジェルを前髪につけている場合は、この整髪料の成分が肌を刺激している可能性があります。髪の毛は毎日洗っていても汚いものだと思って、なるべく肌に触れないように心がけましょう。

 

汚れたタオルや手で顔を触らないようにしよう

思春期のニキビの治し方として、基本となるのが、手で顔をやたらと触らないということと、汚れたタオルで顔を拭かないようにするということです。手は、石鹸でよく洗った直後でも雑菌が潜んでいます。

また、タオルはトイレから出た後に洗った手を拭くのに使うと思いますが、湿った状態のタオルをポケットなどに入れておくと、どんどん最近が繁殖していきます。そんな汚い手やタオルで顔を触るとニキビを増やしてしまう事になります。

 

夜の洗顔には洗顔フォームを使おう

思春期にニキビができると色々と治し方を模索して、インターネットや雑誌などで調べる人もいるでしょう。成人女性に向けた情報サイトや雑誌などでは、時々、顔はぬるま湯で洗うだけでOKと書いてあることがありますが、思春期ニキビにはおすすめできません。

思春期のニキビはなんといっても、皮脂が過剰に分泌されることが原因となっている可能性が高いので、この皮脂を洗顔で落としてあげなければいけないのです。

お皿の油汚れが水洗いでは落ちないのと同じで、肌の皮脂汚れも水やぬるま湯では十分に落ちません。そこで、洗顔フォームを使うことは重要なのです。

 

お風呂あがりや洗顔後は適度な保湿をしよう

まだ10代のうちから基礎化粧品を使うのは贅沢だと親に言われる人がいるかもしれませんが、思春期のニキビの治し方には、きちんとしたスキンケアをするということも含まれます。

お風呂あがりや洗顔後は、お肌の油分がキレイに落ちている状態であるとともに、肌を守るのに必要な油分も落ちてしまっています。そこで、保湿のケアをしないと、肌が危険だと判断してみずから皮脂を分泌しようと作用し始めます。

これを繰り返していくと、肌が皮脂を過剰分泌するという悪いサイクルができてしまうのです。顔を洗った後は、化粧水や乳液など自分の肌の油分や水分に合わせたケアをしてあげましょう。

 

ほっぺのニキビができたら豆乳を飲もう

思春期ニキビで、特にほっぺのニキビの治し方で悩んでいる女の子は、1日にコップ1杯の豆乳を飲んでみましょう。成人のニキビと違って思春期のニキビの原因には、ホルモンバランスの崩れが考えられます。

このホルモンバランスの崩れによるニキビはほっぺにできやすい傾向があります。豆乳は女性ホルモンのエストロゲンを増やす効果があるため、ホルモンバランスを整えてくれる効果があるのです。

 

ジャンクフードは控えめにしよう

思春期ニキビの治し方で、気持ち的にはなかなか実践できないけれども、大きな効果を得られる方法があります。それは、スナック菓子などのジャンクフードを食べないようにすることです。思春期ニキビの原因には、皮脂の過剰分泌と栄養バランスの乱れがあります。この2つを同時に誘発してしまうのが、スナック菓子やファストフードなどのジャンクフードをたくさん食べる事です。

ニキビを早く治したいと思っているなら、ジャンクフードを食べる頻度を減らしていき、ゆくゆくは、食べないことを目指しましょう。

 

いかがでしたでしょうか。思春期のニキビの治し方は、自分で調べているだけではわからない事も多いでしょう。雑誌やテレビで紹介されている目新しい方法や薬品、化粧品を使ってみることもいいですが、まずは今回ご紹介したような、根本的な原因を解消する方法を試してみましょう。

お金はほとんどかからないですし、何より、思春期のニキビの原因となる事を一つ一つクリアしていくという事が重要となります。ニキビは潰したり、そのままにしておくと、痕に残ってしまうこともあるので、慎重にケアをしたいものです。

最後に思春期は最もニキビができやすい時期です。この時期が過ぎれば、ニキビの悩みは次第になくなっていく、ということ。前向きに過ごすことが美しさの秘訣でもあるのです。

 

まとめ

思春期のニキビの治し方を伝授☆1ヶ月で肌が蘇る7つのコツ

・洗顔の時にゴシゴシこすってはダメ
・前髪がおでこにかからないようにしよう
・汚れたタオルや手で顔を触らないようにしよう
・夜の洗顔には洗顔フォームを使おう
・お風呂あがりや洗顔後は適度な保湿をしよう
・ほっぺのニキビができたら豆乳を飲もう
・ジャンクフードは控えめにしよう


連記事