ふくらはぎ痩せを3週間で実感できる、7つのダイエット術

ふくらはぎ痩せを3週間で実感できる、7つのダイエット術

体の中で気になる部分はどこでしょうか。

痩せたい体の部位の3位以内に確実に入っているのがふくらはぎです。ふくらはぎが太くなる原因は運動のやりすぎで筋肉がついてしまったり、太って脂肪がついてしまったりといろいろありますが、一番多いのがむくみです。

立ち仕事をしていてもむくむし、座りっぱなしでも脚がむくんで夕方にはぱんぱんになっていることがありますよね。それを放置しているとふくらはぎがどんどん太くなっていきます。

すらっと引き締まったふくらはぎを出して颯爽と歩きたいですよね。

そこで、今日はふくらはぎ痩せを3週間で実感できる、7つのダイエット術についてお伝えしようと思います。これをよんでほっそりしたふくらはぎを目指しましょう。

 

ふくらはぎ痩せを3週間で実感できる、
7つのダイエット術

 

足パカ運動

その名の通り脚をパカパカと開いたり閉じたりするだけの簡単なエクササイズです。パカパカすることでむくみをとることができます。まずはやり方を紹介しましょう。

仰向けに寝ころびます。手は体の横につけましょう。そのまま脚を天井に向けて持ち上げます。床と足が垂直になるようにしましょう。この時両かかとをくっつけて、つま先を外側に向けます。脚を持ち上げたまま出来る限り大きく左右に開きます。開いたら今度はゆっくり閉じて元の位置へ戻します。これが1セットです。

開いて閉じるを1回として30~50回くらい繰り返します。つらい場合は無理せずに自分ができる回数からはじめてみてくださいね。

 

お尻トントン運動

寝転んでテレビを見たり本を読んだりしながらできる簡単なエクササイズです。その恰好から乙女ストレッチなんて呼ばれ方もしているそうすよ。やり方をお伝えします。

まずはうつぶせに寝転がって両脚を軽くそろえます。膝を曲げて真っ直ぐ前に向き顔をほおづえで支えます。その状態でカカトでお尻をポンポンとリズミカルに叩きます。1セット30~100回程度自分ができる範囲でおこなってみましょう。

ふくらはぎだけでなく骨盤の周りの筋肉ほぐし、ヒップアップや太もも痩せも期待できますよ。

 

リンパマッサージ

リンパマッサージは脚やせの定番ですが、今回のやり方で再度行ってみてくださいね。

まずふくらはぎを両手で包み込み、ふくらはぎ裏の真ん中のあたりを、下から上へ下から上へとしっかりマッサージします。ひざの裏の筋肉の付け根にリンパの太い管が走っています。そこを集中的に指圧しましょう。

両手の親指を重ねて押すとしっかり指圧することができますので親指を重ねてしっかりと痛気持ちい感じで押してみてください。一か所あたり3回ずつ程度押しながら、少しずつずらして指圧します。リンパは末端からメインの管に流しますので、下から上に、足首からひざ上に流してあげましょう。

これは血液を心臓に戻してあげる効果もあるので、血圧が高い方にもおすすめのマッサージですよ。

 

つぼ押し

脚のむくみをとるツボがあります。「豊隆」というツボです。これは、外側にあるくるぶしの骨の部分と膝のお皿を結んだ部分のちょうど真ん中にあります。

余分な水分をだし、ふくらはぎのむくみを改善します。親指を垂直にあてて痛気持ちいくらいの強さで押してみましょう。お風呂上りなどに数回押すだけで大丈夫ですよ。また、「承山」というツボもふくらはぎを細くする効果があります。

ふくらはぎの裏側真ん中にある筋肉のつなぎ目の部分にあるツボです。こちらも垂直に親指で押してみましょう。

 

ヨガ

ヨガのポーズにふくらはぎ痩せに効果があるものがあるのでご紹介します。チェアーのポーズというポーズです。つま先で立って椅子のようなポーズを維持します。それではやり方を紹介しましょう。

両脚は骨盤幅で立ち、 胸の高さで両手を伸ばします。この時息を吸いましょう。次に息を吐きながら、太ももと床が平行になるよう、かかとが上がらないところまで腰を下ろしていきましょう。

次に姿勢を崩さないよう、ゆっくりとかかとを持ち上げ、つま先立ちになります。このポーズで5呼吸ゆっくりとおこないましょう。ただし、つらくなったら無理に5呼吸しなくても大丈夫です。できる範囲でゆっくりおこなってみましょう。

2週間でふくらはぎ痩せを実感できた人もいるそうですよ。

 

しゃがみこみストレッチ

脚の筋肉がもこっとしているタイプの人は、ふくらはぎが痩せて見えないのは腓腹筋という筋肉が盛り上がっているからです。その腓腹筋からつながって足首までのびているのがひらめ筋という筋肉です。ひらめ筋はアキレス腱の裏側にあります。ひらめ筋が柔軟でなければ、腓腹筋が盛り上がってしまいふくらはぎのラインを崩してしまうのです。

そこでこのひらめ筋を伸ばすことで、腓腹筋を刺激し、すっきりしたふくらはぎを作りましょう。

ひらめ筋を刺激する一番の方法は、しゃがみこむことです。かかとをしっかり床につけてしゃがみこみ、軽く前に倒れましょう。そうすることで、アキレス腱と一緒にひらめ筋が刺激されます。足が疲れた時にも効果的なので、このしゃがみこみストレッチを行っていきましょう。

やる回数は自分のできる範囲からで大丈夫です。

 

簡単脚あげ

重力を利用した簡単なむくみとりです。簡単すぎてほんとに効くのか心配になるかもしれませんが、実際継続して実践されている方のほとんどはその日にむくみリセットし、簡単に脚痩せができています。楽ちんなのに実践することを忘れがちなのがこの方法です。

やりかたは心臓より足を高くあげるだけです。会社の昼休み、帰宅してからなど工夫して実践してみてください。寝る前に足元にクッションを置いておき、目覚めたら足を乗せてむくみ撃退と低血圧回復にチャレンジしてください。

低血圧の人は朝目覚めに実践すると血圧が緩やかに上昇して起き上がりやすくなります。

 

いかがでしたか。

どれも簡単にできそうなものばかりだったのではないでしょうか。ふくらはぎのむくみはためてしまうとどんどん脚が太くなってしまいます。毎日リセットしてあげることで簡単にきれいなすっきりした脚になりますよ。

今回紹介した方法は数分で簡単にできるものばかりでしたので、寝る前や朝起きた時、仕事の合間などでやってみてくださいね。ただ、無理は禁物です。やりすぎて筋肉痛になったり、筋肉が付きすぎてしまっては本末転倒です。無理せず自分のペースで進めていってください。

今日の記事がみなさんのお役にたちますように祈っています。

 

まとめ

ふくらはぎ痩せを3週間で実感できる、7つのダイエット術

・足パカ運動
・お尻トントン運動
・リンパマッサージ
・つぼ押し
・ヨガ
・しゃがみこみストレッチ
・ 簡単脚あげ


連記事