酵素の効果でキレイになる!酵素を正しく取り入れる7つの方法

酵素の効果でキレイになる!酵素を正しく取り入れる7つの方法

最近、健康に関連してよく目にする「酵素」と言う言葉。酵素はどんな働きをするかご存知です?

酵素の中で人の体に一番関係があるのは「消化酵素」です。消化酵素が不足すると消化に負担がかかり、栄養の吸収がうまくいかなくなります。また、ダイエットや肌トラブルの改善などにに効果のある酵素を「代謝酵素」と言います。基礎代謝をよくし、老廃物を排出しやすくし、細胞を活性化してくれるのです。

酵素は年齢とともに分泌量が減ってくるので、食事などから補給することが必要です。酵素の力を上手に生かすために、どんな取り入れ方をすればよいか、ご紹介します。

 

酵素の効果でキレイになる!
酵素を正しく取り入れる7つの方法

 

その1:摂るタイミングを知る

酵素は、食事の前などの空腹時に摂るのが効果的です。酵素は食事の消化を助けてくれますが、強い酸性の中では動きが鈍くなるので胃酸が働いている胃の中では動きが鈍くなります。なので、酵素は胃の上部で効果を発揮します。

酵素を食前に取ることで、炭水化物やタンパク質や脂など分解が必要なものが胃に入ってきた時に、まず、先に取り入れた酵素が胃の上部で消化の手助け(予備消化)をしてくれるのです。予備消化が上手く行われていると、体の中で分泌されている酵素を使う量が減り、その分基礎代謝をあげる働きに回ることが出来ます。

また、就寝前に酵素を摂ると、夜の間に代謝が上手く働き、便秘予防などにもつながります。

 

その2:酵素が含まれている食べものを摂る

酵素は食べ物にも多く含まれています。

ただ、熱に弱く48度を超えると機能を失います。加熱調理した食べものには酵素は含まれていません。酵素を摂るなら、生の食べものから摂りましょう。

生野菜や果物を意識して摂るといいですね。中でも果物にはたっぷりの酵素が含まれています。特に、パパイヤ、パイナップル、イチゴ、キウィなどは酵素をたくさん含む果物の代表です。パパイヤやパイナップルはお肉と一緒に調理することがありますね。たんぱく質を含むお肉を柔らかくするからです。フルーツはそれ自身の消化が早いので、予備消化のための酵素をとるのに最適です。

また、発酵食品も酵素をふんだんに含んでいます。ヨーグルトやチーズなどがそうですが、料理で使う調味料、味噌・醤油・酢、塩麹も発酵食品です。納豆やぬか漬け、甘酒なども酵素を多く含む発酵食品です。普段の食生活を見直すと酵素を効果的に摂れそうですね。

 

その3:食べ合わせに気をつける

酵素を効果的に取り入れるには「食べ合わせ」にも注意してみましょう。食べる食材の組み合わせで、酵素の働きを効果的にします。

例えば、焼き魚には大根おろしを添えます。魚のたんぱく質を、大根に含まれる消化酵素が分解しやすくしてくれるのです。他にも、とんかつとキャベツ、生ハムとメロン、お寿司としょうが・・などいろいろな食べ合わせがあります。「この食べものにはこれを添える」と、先人たちの経験からくる知恵なのですね。

また「補酵素」も意識してみましょう。補酵素は酵素の働きを助ける成分です。その代表がビタミンB群。ビタミンBは体の中にためておくことができません。毎日の食事の中で積極的に取り入れることが必要です。ビタミンBを多く含む食品には、レバー・豚肉・魚・卵・ホウレンソウなどがあります。酵素の働きを最大限に引き出すためにもバランスの良い食生活を心がけたいですね。

 

その4:酵素ドリンクから摂る

食生活に気をつけるといっても、忙しい生活の中で、食材に気をつけるのは難しいことがありますね。手軽に、ドリンクで摂る方法があります。野菜や果物のジュースを飲む方法です。
リンゴやニンジン、キウィなどお好みの野菜や果物をジューサーやミキサーでドリンクやスムージーにしましょう。酵素とビタミンが同時に摂れて効果的です。スムージーはさらに食物繊維も同時に摂れて、一石三鳥ですね。

また市販の酵素ドリンクもお勧めです。市販の酵素ドリンクは、こだわりの素材を時間をかけて発酵させたエキスが含まれたドリンクです。お好みの味や効果など、自分に合った物を選んで摂るとよいですね。

 

その5:サプリメントで摂る

もっとお手軽にサプリメントで摂る方法があります。サプリメントには、ゼリー状のもの、カプセル、錠剤、粉末・・・いろいろ種類がありますが、こだわりの素材を熟成発酵させ、そこに様々な栄養素を配合したものです。使われている発酵菌は、乳酸菌や麹、種類はいろいろ。これも、摂りやすいものを見つけるといいですね。

酵素は熱に弱いので、お湯ではなく水やぬるま湯で摂るようにしましょう。

 

その6:酵素の無駄遣いをしない

せっかく体外から酵素を取り入れても、酵素を無駄に消費していては効果がありません。酵素の無駄遣いをしない生活が大切です。

こんな生活習慣の人は酵素を無駄に消費している可能性があります。

早食いする人。
お腹一杯「もう入らない」というまで食べる人。
寝る前に食事をする人。

早食いも、お腹一杯に食べるのも、消化に負担がかかります。ゆっくりと、ほどほどに食べるように心がけたほうがよいですね。よくかんで食べるようにすると、消化に負担がかからず、適度な量で満腹感を感じやすくなります。寝る前に食事をすると、体内の代謝を行いたい時間にせっせと消化をしていることになります。酵素の本来の働きを邪魔してしまうことになるので、注意したいですね。

お酒をよく飲む人
タバコを吸う人
ストレスのたまっている人

実は、お酒を分解するために酵素を大量に使います。お酒はほどほどにしましょう。タバコは体に毒素を摂り入れてしまうものです。タバコの毒素を体外に排出するのにも酵素をたくさん消費します。

また、ストレスがたまると、いつも何かを考えている状態で、脳はフル活動しています。脳の働きを正常にするために酵素が使われています。ストレスをなくして脳が休める状態を作ることも大切です。

 

その7:体を冷やさない

冷え性も、実は酵素の無駄遣いにつながります。体が冷えていると、基礎代謝が悪くなり、代謝を良くするためには、酵素が頑張らなくてはなりません。冷え性を改善して、酵素をより効果的に働かせる体内環境づくりをしたいものです。

 

いかがでしたか?
酵素の働きと、酵素を効果的に摂る方法を見てきました。この7つは、簡単で手軽な方法ばかりです。少しずつ日常生活に取り入れて、酵素の効果できれいになりませんか?

まとめ

酵素の効果でキレイになる!酵素を正しく取り入れる7つの方法

その1:摂るタイミングを知る
その2:酵素が含まれている食べものを摂る
その3:食べ合わせに気をつける
その4:酵素ドリンクから摂る
その5:サプリメントで摂る
その6:酵素の無駄遣いをしない
その7:体を冷やさない


連記事